ボーデッサン(BEAU DESSIN)のトートバッグ「AT2370」を紹介!

bde0006_com1
日本の老舗バッグブランド「ボーデッサン(BEAU DESSIN)」が手掛けた、フルタンニン鞣しの革を使用した大変贅沢なレザートートバッグです。

こちらのレザーは、ボーデッサンが日本の生地メーカーと共同開発したオリジナルの革で、艶と張りがあるだけでなく、タンニン鞣しによる風合いも兼ね備えております。素朴さと高級感のバランスが素晴らしく、コーディネートに馴染みながらも、しっかりと存在感を放ちます。

装飾などは一切ありませんが、綺麗に縫われたステッチや金属パーツが、最早デザインと呼べる程に美しい仕上がりとなっております。

画像2

どうも、東京ヒマワリの猪野です。

シンプルなデザインですが、これぞまさに日本最高品質の技術が詰まったトートバッグですね。実際に手に取ってみると、高級なバッグを持っているのだなという充実感を存分に感じ取れるクオリティーです。

こちらは2016年の新作なのですが、ボーデッサンのクリエイティブディレクターである生嶋様が「今期の新作の中で最もお勧めしたいモデル」だと仰っておりました。その言葉の通り、「鞄」としての美しさが実に洗練されており、昨今のファッショントレンドにもマッチして、ブランド35年の歴史の最先端にある製品だと感じさせます。

とにかくメチャクチャ格好良いですよね~、シンプルなのに、すごく尖がった雰囲気を兼ね備えているんですよね。こだわって作られた物独特の風格が溢れていて、コーディネートをグッとお洒落に演出してくれます。

画像3

こちらがそのレザーです。堅牢でありながら非常に柔らかな肌触りと滑らかな艶が特徴です。フルタンニン鞣しですので、エイジング(経年変化)が豊かという特徴を持ち、使用するほどに肌に馴染み、風合いが増してきます。

画像4

ハンドルとスナップ取り付け用に打ち込まれた留め具ですが、バッグのアクセントとなっており洒落ていますね。

画像5

片面にあるステッチも、内側にポケットを配置する為の縫い目です。装飾要素は一切ありませんが、こういった「機能」をつける為の仕様がそのままデザインとして昇華されており、大変美しい仕上がりのバッグです。

画像6

内装はポケットがひとつあるだけのシンプルな設計です。お出かけにも旅行にもビジネスにも、マルチに活躍してくれると思います。

画像7

底鋲も打たれております。ハンドルの留め具なども含め、レザーと金属パーツの組み合わせが非常に良いバッグですね。

画像8

一見シンプルなトートバッグなのですが、老舗ブランドの洗練されたセンスと技術が光る、非常に美しいバッグです。「本物」をお探しの方に是非お勧めしたいアイテムですので、デザインにピンときた方は是非ご検討下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です