カバン屋の俺が選ぶ、メンズ向けビジネスリュック6選

business_backpack_bl_top
最近は世間にも馴染んできたビジネスリュック。とりあえずダサくなくて無難なブランドをと探されている方も多いかと思いますが、ちょっと待ってください!その基準が一番の失敗の原因なんです!

本日は、カバン屋の私達が、スーツでの通勤に最適なメンズ向けビジネスリュックの選び方をご紹介すると同時に、おすすめのリュックブランドを6つ選んでみました。お探しの方は是非チェックしてみて下さい。

 画像2

どうも、東ヒマのメガネっ子担当、猪野です。

こないだ、仕事終わりに友達2人と飲みに行った時の話なのですが、彼らは超大手企業に勤めていて、平日夜に会うといつもスーツ姿なんですよ。

で、その日は僕が遅れて店に着いたので出会った時は気づかなかったのですが、そろそろ帰ろうかという時、友人が手に取ったのはブリーフケースではなくて、リュックでした。

僕が「こんな大きい会社勤めでスーツ必須の職場なのに、バッグはリュックなんだねー」と聞くと、「え?今時そんな事気にするやついねーだろー」という返答でした。

そう、今時は気にしないんですって、ビジネスシーンでのリュック。

彼らの会社は割と固めの会社で、先輩後輩の繋がりも多く、しょっちゅう飲み会もあるらしいので、そういう身だしなみとかも気をつけないといけないと思うのですが、リュックに関しては誰も何も言わないらしいです。

数年前まではスーツにリュックなんて完全にNGだったので、世間に浸透してきたとは言え、まだまだリュックNGの会社は多いんだろうなーと思っていたのですが、もしかしたらそんな会社を探す方が現代では難しいのかもしれません。

とは言え、さすがにアウトドア向けリュックをスーツに合わせるとなると、会社がOKかどうか以前に、単純に格好悪いと僕は思うのです。

街で、そういったコーディネートの方を見る事もありますが、バッグ屋の僕としては正直ガッカリしてしまいます。

僕は、スーツにリュックは大賛成なのですが、スーツに相応しくないリュックなら大反対です!

という事で本日は、カバン屋の私が世の中のビジネスマンにおすすめしたい、通勤に最適なメンズ向けリュックのブランドを6つ選んでみました。お探しの方は是非チェックしてみて下さい!

軽くて丈夫でスタイリッシュ、当店一押しのビジネスリュックはこれ

 画像3

ベルーフバゲージ(beruf baggage) ギアード バックパック ブラック 37,400円(税込)

スーツにリュックを合わせる時に気をつける事は、フォーマルかどうかも重要ではあるのですが、スタイリッシュかどうかが非常に重要だと思います。

簡単に言うと、休日にハイキングに行くお父さんみたいになってはダメだという事です。

リュックと言うと、何となく子供っぽくてカジュアルなイメージがあると思うのですが、まずはそのイメージを変える必要があって、ニューヨークでクリエイティブな仕事をする、スタイリッシュなビジネスマンの通勤風景を想像しながら、リュックを選んで欲しいのです。

そんなイメージにピッタリなのが、日本のバッグ専門ブランド、ベルーフのリュックです。

まず見た目が完璧ですね!次世代のビジネスマンをイメージさせる、シンプルでスタイリッシュなデザインとなっております。

更に機能性も素晴らしくて、様々な電子機器を整理出来るパネル式ポケットとなっております。また、バッグを降ろさずにアクセス出来るサイドポケットには、メイン収納部と繋がるアクセスホールがあり、充電コードだけを引っ張ってきて、スタイリッシュにスマホを充電出来るんです。

メイン素材にはアウトドアギアにも採用されるX-PACが使用されており、軽量で、水や汚れ、そして紫外線にも強いタフな設計となっております。

ベルーフは毎シーズン展示会に伺っておりますが、いつ行ってもこのリュックが断トツ人気だとメインデザイナーの方から聞いております。かなり完璧な出来なので、スタイリッシュなビジネスリュックをお探しの方は第一候補だと思いますよ!商品詳細ページはこちら

スーツの痛みも軽減させる、フィット感抜群のビジネスリュック

 画像4

ベルーフバゲージ(beruf baggage) エスコレクション バックパック リュック ブラック 33,880円(税込)

こちらもベルーフのリュックですが、もう少し普通っぽいビジネスリュックが好みの方はこちらがお勧めです。

アウトドアリュックが何故カジュアルに見えてしまうのかと言うと、ボテッとした形に原因があるんです。

こちらのリュックは底マチが無い月型の設計となっており、スーツに合わせてもシュッとしたスタイリッシュな印象になるんですよね。

また、メイン素材には軍事用品にも採用される強靭ナイロン「バリスティックナイロン」が使用されております。更に、PVC加工もされておりますので、水や汚れにも大変強い仕様となっております。

バリスティックナイロンの良い所は、引き裂き強度が高い事もそうなのですが、丈夫な分シワがつきにくく、見た目にも大変高級感が感じられる所が最大の魅力ですね。

また、こちらのリュックは自転車乗り用に開発されている側面があり、背面に滑り止めが設置されるなどして、体にピッタリとフィットする背負い心地も特徴です。

これはどういう事かと言うと、一般的なリュックと比べてスーツが傷みにくいという事です。

ルーズなリュックをスーツに合わせると、生地が摩擦で擦れてしまったり、シワの原因にもなってしまいますし、何よりもコーディネートとして美しくありません。

ビジネス用のリュックをお探しの場合は、こういったフィット感にも注目して選んで頂きたいですね。商品詳細ページはこちら

本革使用の日本製ビジネスリュック、雨にも強いタフな設計が魅力

 画像5

ファイブウッズ(FIVE WOODS) GRAIN(グレイン) ビジネス レザー バックパック ブラック/ダークブラウン 35,200円(税込)

ビジネス用リュックをお探しの方の中には、漠然と本革製が良いなと思われている方も多いかと思いますが、それでしたらファイブウッズのビジネスリュックは鉄板だと思います。

本革はナイロンに比べて高級感がありますのでビジネス向きの素材なのですが、その中でもファイブウッズのリュックに使用されている革は非常~に品良く仕上がっており、ビジネスリュックの素材として最高の出来だと思います。

高級感の決め手となっているのは、二段仕立てのシュリンク加工です。シュリンクというのは、生地を収縮させる事によって耐久性を上げたり、独特な素材感を生み出す加工方法なのですが、大きく分けて金型による型押しシュリンクと、熱加工等による本シュリンクがございます。

型押しシュリンクは綺麗な仕上がりになるものの味わいに欠け、本シュリンクは味わい深いもののビジネスシーンにはやや不向きという、それぞれ得手不得手があるのですが、こちらのリュックの革には、その2種類のシュリンク加工がバランス良く組み合わせております。

その為、味わいや高級感があると同時に、ビジネスシーンにも最適な清潔感のある仕上がりなんですよね。

また、鞣しも混合鞣しとなっておりますので、本革の味わいや経年変化が楽しめながらも、水や汚れにも強いハイブリット仕様でございます。クリームによるケアも最低限で十分ですので、気楽にガシガシ使えるリュックです。

そして極めつけはこの価格、オールレザーの日本製バッグとは思えない超破格です!元々はダレスバッグ等が得意なファイブウッズが、ビジネスリュック市場に切り込もうと開発された意欲作なので、細かな所まで絶妙なバランス感に調整されている上、儲け度外視の価格設定となっております。

とてもスタンダードなデザインですので飽きが来ず、長年使えるビジネスリュックとして間違い無いブランドだと思いますよ!商品詳細ページはこちら

スクエア型じゃないビジネスリュックをお探しの方は、こちらがおすすめ

 画像6

fetia(フェティア) ライロアシリーズ オイルレザー バックパック ネイビー 34,100円(税込)

ビジネスリュックを取り入れるのを躊躇ってしまう理由の一つが、意識が高そうなスクエア型の形だと思います。

先程僕が例に挙げたようなクリエイティブなビジネスマンのような雰囲気を、好む人がいる一方で気恥ずかしい方もいらっしゃるのです。

そんな方にお勧めなのが、こちらフェティアのオールレザーリュックです。ビジネスシーンに限定して開発されたリュックではないのですが、オールレザーという事で大変高級感があり、スーツでの通勤にも使いやすいリュックとなっております。

高級感がありながらも素朴な印象があり、悪目立ちする事無くコーディネートに馴染む為、とても使いやすいですね。

本革素材はタンニンベースの混合鞣しとなっておりますので、必要量の耐久性を保ちながらも、豊かな経年変化をお楽しみ頂ける調整となっております。

真鍮メッキの金具もアクセントとなっており、色気あるリュックに仕上がっております。薄めのマチもビジネスシーンに使いやすい見た目とサイズ感で良いですね。通勤に使える本革製のビジネスリュックをお探しの方は、是非こちらのブランドもチェックしてみて下さい。商品詳細ページはこちら

濡れたままの折り畳み傘も収納可能、防水・防汚の高機能ビジネスリュック

 画像7

ワンダーバゲージ(WONDER BAGGAGE) グッドマンズシリーズ 3WAY ブリーフケース チョコ 32,450円(税込)

ビジネスリュックとしてありとあらゆるニーズを網羅しているのが、こちらワンダーバゲージの3WAYビジネスバッグです。

一見普通のブリーフケースのようなのですが、背面にショルダーベルトが綺麗に収納出来る、高機能な3WAYタイプとなっており、電車での移動時はリュックモードで便利に、営業先に訪問する時はブリーフモードでフォーマルにと、使い分けが可能です。

そして何よりも特筆すべき点は、非常にハイレベルな防水性能です。メイン生地に強力な撥水性能がある事はもちろん、濡れた折り畳み傘をそのまま収納出来る、脱水機能付きポケットがついております。

他にもキャリーオン時のループが、不要な時はサブポケットになったりだとか、ビジネスマンに求められる機能を一通り全部備えた超高機能なビジネスバッグとなっております。

それでいて見た目のデザインはスタイリッシュで都会的、それでいてどこか味わいも感じる美しいバッグに仕上がっております。

防水性が高いバッグというのは、同時に汚れにも強く、長年使えるバッグとしての性能がふんだんに盛り込まれております。機能性と耐久性にこだわりたい方は、是非こちらのブランドはチェックして頂きたいですね。商品詳細ページはこちら

値段も品質も妥協したくない方におすすめ、2万円以下で買える高品質な日本製ビジネスリュック

 画像8

レクト(LEKT) 3way ブリーフバッグ ブラック 19,800円(税込)

通勤に使えるビジネスリュックを取り入れたいけど、とにかく安く手に入れたい!けれど品質も妥協したくない!という方に、大変お勧めなブランドがあります。

それがこちらのレクトのビジネスリュックなのですが、日本製で税込み2万円以下という衝撃価格です!

こちらのブランドは、日本製の高品質を、出来る限りお手頃価格でというテーマの元にスタートした新ブランドなのですが、余計な機能や内装を省略し、裁断や縫製の都合も考慮して製品企画がされており、こんな価格ではありますが、品質は一切妥協せずに作られているのです。

素材には、日本で90年の歴史がある老舗生地メーカーが手掛けた高強力糸のツイルナイロンが使用されており、コシのある手触りや美しい艶など、とても高級感が感じられる仕上がりとなっております。

ビジネスリュック定番の薄マチのスクエア型となっておりますが、一般的な製品と違って角が内縫いとなっておりますので、良い意味でリラックス感のある丸みを帯びたシェイプがデザインの決め手となっております。

とてもスタイリッシュな印象のビジネスリュックですので、とにかく低予算で間違い無いお買い物をしたい方に大変お勧めです。商品詳細ページはこちら

便利で無難なリュックを選ぶくらいなら、思い切ってオシャレでスタイリッシュなビジネスバッグを選びましょう

 画像9

という事で、お勧めのメンズ向けビジネスリュックを6つ選ばせて頂きましたが、ピンとくる商品は見つかりましたでしょうか?

ビジネスリュックをお探しの方の多くは、「スーツでの通勤に使っても、あまりダサくならないリュック」というテーマで探されている方が多いかと思いますが、是非もっと高い志を持って、「格好いいビジネスマンになれるリュック!」というテーマで探して欲しいですね。

ビジネスリュックのブランドを探す上で押さえるべきポイントとしては、スタイリッシュかどうか高級感があるか、この2点を重視して選ばれると良い買い物が出来ると思います。

逆に失敗するのは、無難なデザインかどうかでリュックを選ぶ事だと思います。せっかくビジネスリュックという次世代のスタイルに挑戦するのですから、「あれ!何だかオシャレになりましたねー!」と言われる覚悟でブランドを選ぶとハッピーになれると思いますよ。

また、商品選びに困った場合は、是非お気軽に当店まで電話かメールでご相談下さい。ご希望がありましたら、私か直々にご相談に乗る事も可能です。

という事で、本日の記事はここまで!

おしまい!東京ヒマワリ トップページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です