日本最高峰のネクタイ専門ブランド、フランコスパダを紹介します

franco_spada_bl_top
フランコスパダ(Franco Spada)は、創業70年となる日本のネクタイ専門メーカー「永島服飾株式会社」のフラッグシップブランドです。

同社は様々な有名ブランドのOEM(受託製造)をも手掛けており、数ある日本製ネクタイの中でも最高品質と評判のネクタイメーカーです。

生産は全て京都の高級絹織物産地「西陣地区」で行われており、生糸の選定から染色、製織など、西陣織と同等のクオリティーである所が大きなポイントです。

また、高額なブランドのネクタイと同じ品質でありながら、中間マージンや広告費が乗っていない為、非常にリーズナブルな価格である事も魅力です。

日本伝統の織機で織った、ふっくらと肉厚なシルクを使用しており、海外製品には無い、深みや味わいを存分に感じて頂けます。日本の高い技術力とセンスを感じる、素晴らしい出来のネクタイです。フランコ スパダ 商品一覧ページはこちら

お勧めレベルMAXの五つ星!高品質なネクタイをお探しでしたらフランコスパダは間違い無く最高の選択

フランコ スパダ 画像2

どうも、東ヒマのロンリーウルフこと「猪野」です。

という事で本日は、日本のネクタイ専門ブランド「Franco Spada(フランコスパダ)」と、その製造元である「永島服飾株式会社」について紹介していこうと思います。

結論から言いますと、「クラシックなデザイン」「最高品質」「日本製」というようなキーワードでネクタイをお探しでしたら、Franco Spada(フランコスパダ)は間違い無く最高の選択だと思います。

僕らは展示会だけでなく、百貨店やセレクトショップなども駆け回り、ネクタイは本当に様々なブランドの物を見て参りました。

その上で自信を持って言いますが、こんなに品質の良さを感じるネクタイブランドは、他に無いと思います。日本だけでなく、ヨーロッパの老舗ブランドなんかと比べたって全然負けてません(むしろ勝ってると思います)

まあ、ファッションアイテムですから、そもそも勝ち負けなんて無い世界ではあるのですが、それにしても、こんなに素晴らしいネクタイは僕ぁ~見た事がありません!!

当ブログでは色々とブランドを紹介していますが、今回はその中でも最高クラス、五つ星のお勧めレベルです。ネクタイをお探しの方は絶対にチェックして下さい。

京都の高級絹織物産地、西陣で織られたシルクを使用!肉厚でコシのある抜群の素材感が魅力

フランコ スパダ 画像3

Franco Spada(フランコスパダ)の何がお勧めなのか、色々とありますが、まずはシルクの素材感です。

単にシルク100%のネクタイであれば、廉価な物では1,000円以下でも買う事が出来ます。がしかし、Franco Spada(フランコスパダ)の「シルク100%」は、表記こそ同じですが内容は全くの別物です。

海外製の廉価なシルク100%ネクタイは、いわゆる屑シルクと言う、シルクの残骸を加工して作られている場合がありますが、フランコスパダに使用されているシルクは、A3~A4等級以上の、日本規制を通過した上質な素材だけが使用されております。

また、フランコスパダのネクタイは、京都の高級絹織物産地「西陣地区」で織られております。

廉価な海外製品は高速織機によって織られている都合で、シルク本来の繊細な個性が消えてしまっている場合が多いのですが、フランコスパダのネクタイは熟練の職人によって、日本伝統の織機で織られており、シルクの節(ふし)などを活かした繊細な素材感に仕上がっており、たっぷりと空気を含んだフックラとした肌触りとなっております。

肉厚でコシのある素材感は、締めた時の存在感と高級感があるだけでなく、シワがつきにくい事も特徴です。

室町時代(戦国時代)から続く伝統が詰まった、日本の美意識の結晶のようなネクタイ

フランコ スパダ 画像4

Franco Spada(フランコスパダ)のネクタイは、製織だけでなく、染色や縫製なども全てMade in 西陣となっております。

国内でネクタイを生産するにあたって関わる業者や職人は、「糸商(いとしょう)」→「染色屋」→「幡屋(はたや)」となっておりますが、この全てが西陣地区の業者や職人が手掛けておりますので、早い話がフランコスパダのネクタイは西陣織なのです。

西陣は、1548年(天文17年)の室町時代(戦国時代)から始まったとされる日本の高級絹織物産地です。

ネクタイと聞くと、ヨーロッパ製が最も品質が高いように思いますが、元々日本は絹織物がメチャクチャ得意な国で、明治後期頃に至ってはシルク発祥の地「中国」を抑え、シルク輸出量が世界No.1になりました。

そういったシルク大国日本の知恵と技術が集結しているのが「西陣地区」だという事です。

また、派手めなヨーロッパ製ネクタイに対して、フランコスパダのネクタイはどこか落ち着いていて、侘び寂びの感じられるムードも魅力だと思います。

バリっとした顔立ちや骨格のヨーロッパ人であれば派手なネクタイも似合うのですが、控え目なビジュアルの日本人は、こういった装飾品も落ち着いた物を選んだ方が品が良く見えます。

そういった意味でも、日本人の方には是非フランコスパダを選んで頂きたいですね。

「値段の差=品質の差」ではありません!フランコスパダはファクトリーブランドだから、この値段なんです!

フランコ スパダ 画像5

素材から縫製まで、日本の持てる技術を総動員したFranco Spada(フランコスパダ)のネクタイですが、なんとそのお値段は全て1万円前後!お勧めポイント、最後はこの圧倒的なコストパフォーマンスです。

高級ブランドなどのネクタイの相場は、恐らく2~3万円くらいだと思います。がしかし、Franco Spada(フランコスパダ)のネクタイより品質も2~3倍くらい良いというわけでは断じてありません。

特にスーパーブランド等のネクタイは、素材や工賃以上にブランド料がガッツリと乗っているのです。だから、そういったブランドネクタイとFranco Spada(フランコスパダ)を比べた場合、「品質」だけに焦点を当てれば同等か、むしろ勝っていると個人的には思います。

そもそも、Franco Spada(フランコスパダ)を手掛ける永島服飾株式会社は、そういった高級ブランドのOEM(受託製造)も手掛けているので、ネクタイは全く同じものなのに、タグが違うだけで値段が倍以上変わってくる場合も大いにあり得ます。

なので、ブランドバリューにこだわりが無く、気に入った柄を見つけられたのなら、Franco Spada(フランコスパダ)は間違い無く「買い」のネクタイだと思います。

現物を手に取って頂けたら「これが最高品質のネクタイなんだ!」と、一発で感じて頂ける自信があります

フランコ スパダ 画像6

という事で、評判のネクタイ専門ブランドFranco Spada(フランコスパダ)をレビューして参りましたが、この魅力、伝わりましたでしょうか?

ネクタイは本当に、文字と写真だけじゃ中々この品質を伝えづらいんです。けど実際に手に取ったら、ブランドなど詳しくない方でも「これが最高品質のネクタイなんだ!」と、一発で感じて頂ける自信があります。

ユニークなデザインのネクタイ等なら他に選択肢があるかもしれませんが、スタンダードでクラシックなシルクのネクタイであれば、Franco Spada(フランコスパダ)を選んでおけば絶対に後悔する事は無いと思います。

ちなみにネクタイに関して、東京ヒマワリでは、他のブランドを仕入れる予定は今の所ございません。と言うか、これ以上品質で感動出来るネクタイが現状見つからないと言うのが本音です。

大事な商談やお祝い事、その他プレゼントなどなど、スペシャルなネクタイをお探しでしたらFranco Spada(フランコスパダ)は間違い無くお勧めです。是非ご検討下さいませ。

という事で、おしまい!フランコ スパダ 商品一覧ページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です