WONDER BAGGAGE(ワンダーバゲージ)、ボストンバッグを紹介

won0017_com1
日本のバッグ専門ブランド、ワンダーバゲージのボストンバッグを紹介します。

シンプルな本体に、タンニンレザーを使用した贅沢な革ハンドルが取り付けられており、スタイリッシュながらも高級感溢れる仕上がりとなっております。

メイン素材には、グッドマンズシリーズの代名詞であるバリスティックナイロンが採用されております。こちらの生地は通常のナイロンの5倍の強度を持つ、防弾チョッキなどにも採用される強靭ナイロン素材です。

縫製は全て国内の工房で行われており、内装に素材まで全てにおいて一切妥協の無いボストンバッグが完成しました。

画像2

どうも、東京ヒマワリの猪野です。

今まで意外とラインナップに無かったグッドマンシリーズのボストンバッグがついに登場しました。他モデルと同様に、スタイリッシュかつ個性溢れる出来に仕上がっております。

サイズは大容量ではあるのですが、一般的にボストンバッグと呼ばれるようなバッグと比べると、やや小ぶりな設計かなと思います。

このサイズ感が絶妙にお洒落なんですよね~。グッドマンズシリーズのバッグは、この「ちょっと小さい」というサイズ感の調整が実に巧みだと思います。

また、もう一点注目して頂きたいのがレザーハンドルです。追って紹介しますが、今回のボストンバッグには非常~にグレートなパーツが採用されております。

バリスティックナイロンや各種金属パーツ、縫製なども、これ以上何を文句言えば良いのかという程に最高スペックです。こだわりの国産ボストンバッグをお探しの方には、間違い無くお勧めですよ。

画像3

こちらがそのハンドルです。ちょっとマニアックな話になるのですが、レザーをこんな風に3Dで縫い合わせて、かつ張りと艶のある状態にするのってすごい難しいんですよね。日本の熟練職人の手仕事だからこそ成せる技です。

写真だと伝わりにくいかもしれませんが、現物を手に取ってみると見た目も持ち心地も素晴らしく良いんですよね。バッグ本体がシンプルな分、ハンドルの高級感&素材感&存在感が抜群なアクセントになっております。

レザーは植物由来のタンニンとオイルを掛け合わせたコンビネーション鞣しで、風合いと強度のバランスを取ったレザーに調整されております。

使い込む程にレザーパーツだけがエイジング(経年変化)していく為、丈夫なバリスティックナイロンと味なレザーパーツとのコントラストが美しく、そこがワンダーバゲージというブランドの大きな魅力ではないかなと思います。

画像4

内装はシンプルな設計となっており、こちらのスナップボタン付きのポケットが1箇所ついているだけです。

画像5

外側にもポケットがあり、こちらのスナップボタン付きのポケットと、

画像6

正面はツインポケットになっております。

画像7

良いバッグ定番の仕様、底鋲も打たれております。

画像8

中敷きも敷かれておりますので、型崩れがしにくい仕様となっております。

画像9

堅牢なバリスティックナイロンと、エイジングが楽しめるタンニンレザーを使用しており、加えてワンダーバゲージのバッグは国内の工房で修理も可能ですので、大切に使えば生涯を共にできるボストンバッグだと思います。

様々なコーディネートとも非常に相性が良いスタイリッシュなデザインですので、大人の旅の共にいかがでしょうか?旅行用バッグをお探しの方に大変お勧めですので、是非ご検討下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です