SIERRA DESIGNS(シエラデザイン)のリュックを紹介します

sie0001_com1
アメリカはカリフォルニア生まれの老舗アウトドアブランド、SIERRA DESIGNS(シエラデザイン)のデイパックを紹介します。

東京ヒマワリでは、シエラデザインのリュックは2種類のモデルを取り扱っておりますが、こちらはやや小ぶりでシンプルな設計のモデルです。使いやすいサイズ感で様々なコーデにも合わせやすいので、毎日ガシガシと使いたい方にはこちらがお勧めです。

画像2

メイン素材には、汚れやシワに強く、撥水性も高い生地が使用されており、アウトドアシーンなどに適したタフな設計となっております。触った感触もゴワっと肉厚で、USAらしい武骨な雰囲気が良いですね。

画像3

こちらのリュック最大の特徴は、底部にレインカバーが備え付けられている所です。雨天時には上記画像のように、底部ポケットから取り出して使用します。尚、レインカバーはリュックサック本体と繋がっておりますので、無くす心配などがありません。

画像4

レインカバーを被せるとこのようになります。別途動画でも紹介しておりますが、ガバッと強引に被せるだけですので、雨天時もスマートに使用する事が可能です。

画像5

前面のサブポケットは止水ジップとなっております。内容量もある程度ありアクセスし易いポケットですので、財布や携帯などの荷物はこちらに収納しておくと便利かと思います。

尚、こちらのリュックは完全防水ではございませんが、素材も含め雨に強い設計となっておりますので、少々の雨であればレインカバー無しでも耐えられると思います。

画像6

大きめのサイドポケットが備わっております。これはアウトドアザック定番の設計で、主にペットボトルやフェイスタオル等を入れたりするのに便利です。

このポケットがついてるかどうかはアウトドアザックを選ぶ基準とも言われますので、実際に長時間歩いたりするシーンでは重要なポイントかと思います。

画像7

アウトドアザックの基本仕様である、ウエストベルトとチェストストラップがついております。タウンユースのリュックサックではあまり見かけませんが、これがあると長時間重い荷物を持ち歩く際に、重量のストレスが肩と腰に分散され、雲泥の差と言える程に快適になります。

また、ウエストベルトにはミニポケットがついております。山登りなどではコンパス等を入れるそうですが、タウンユースであれば定期入れやキーホルダーなど入れておくと、バッグを下すことなくアクセス出来ますので便利かと思います。

画像8

メイン収納部は大小2つのポケットがついているのみで、シンプルな内装となっております。旅行であれば衣類など、通勤通学であれば書類など、オールマイティーに使用する事が可能です。

画像9

背部には厚手の緩衝材がついており、またメッシュ加工がされている為通気性が良く、快適にバッグを持ち歩く事が可能です。

アウトドアザックは通常のリュックサックと違い、いかに快適に荷物を持ち歩けるかが非常に重要視された設計になっております。

画像10

今回紹介しましたリュックサックは、シエラデザインの中でも最上位モデルとなり、非常にスペックや機能が充実した設計となっております。それでも2万円を切る価格設定ですので、改めてシエラデザインがコスパの良いブランドだなと思いますね。

多機能なアウトドアザックは上を見ればキリが無いほどたくさんありますが、「スタイリッシュなデザインのアウトドアザック」は希少だと思います。タウンユースのリュックをお探しでしたら大変お勧めですので、是非ご検討下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です