カバン屋が選ぶ、最高品質のミニショルダーバッグブランド3選

20160619b_b_a616
財布にスマホにパスケースなど、手荷物がピッタリ収まるミニショルダーバッグはとても都会的でスマートな印象のアイテムですね。そのサイズ感も非常に洒落ており、コーディネートを彩るファッションアイテムとしても重宝すると思います。

お洒落なアイテムだからこそ、品質もしっかりと良い物を選びたい所。本日はそんな「大人向けミニショルダーバッグ」をお探しの方に向けて、カバン屋である私達が「最高品質」だと自信を持ってオススメ出来るバッグを3つ選んでみました。是非お買い物の参考にして下さい。

品質で見る「買い」なミニショルダーバッグのブランドとは?私、猪野がズバリお答え致します。

 画像2

本格的に暑さが増して参りまして、渋谷のスウィーツ達が「今年はどんな水着を着ようか」などとキャッキャされておられる最中、最近の私は「ゴムの板を棒で叩くだけ」という、ドラムのスティックコントロール練習が唯一の趣味でございます。

どうも、東ヒマのロンリーウルフこと、猪野です。

シャレオツ系通販ショップには些か相応しくない「ジメッ」とした感じでスタートしました今回の記事は、「カバン屋が選ぶ、最高品質のミニショルダーバッグブランド」という事で、東ヒマが厳選に厳選を重ねたラインナップを紹介していこうと思います。

「最高品質」のミニショルダーバッグと言っても色々な解釈がありますが、東ヒマの定義は以下の通りです。

素材に一切の妥協が無く、

しっかりと管理が行き届いた生産ラインで作られ、

シンプルでスタイリッシュな洗練されたデザインのミニショルダーバッグ

この3点の条件を満たすミニショルダーバッグ、中々希少ですよね~。特に素材ですねポイントは。

ちょっとしたお出かけに使えるミニショルダーバッグ、と聞いた世間的な相場は、恐らく2,000~5,000円くらいではないでしょうか?しかし、この価格帯の素材は合皮に化繊をあわせた物がほとんどで、本革を使用していたとしてもエイジング(経年変化)は期待出来無さそうな物しかないと思います。そのくらい、良い生地と言うのはお高いんです。

かと言って、ウン万円もするような高級ブランドが必ずしも良いのかと言えば、全くそんな事ありません。特に知名度が高いブランドである程、基本的に広告費が乗っているブランドですから、品質ベースのコスパは悪くなる一方です。

僕らは商品を仕入れる際、恐らく他のショップじゃ絶対聞いてこないような情報まで、メーカーやデザイナーさんに根掘り葉掘りお伺いしています。

中には公には公開できないような情報、例えば「○○ブランドと同じ生産ラインで、この価格なんすよ」とか、「○○っていう特殊なルートで素材を仕入れてるから、高品質なのに安く上がるんすよ」とか、そういった話も加味した上で「最高品質」のアイテムをセレクトしております。

ブランディングではなく、あくまでも「品質」にこだわってミニショルダーバッグを探されているのであれば、恐らく今回の記事はドンピシャだと思います。是非お買い物の参考にして頂ければと思います。

エイジング(経年変化)が楽しめる最高品質のミニショルダーバッグ、とにかく全てが最高スペックです

 画像3

ワンダーバゲージ グッドマンシリーズ ショルダーバッグ S ネイビー 18,144円(税込)

最高品質のミニショルダーバッグとなれば、日本のバッグ専門ブランド「WONDER BAGGAGE(ワンダーバゲージ)」のグッドマンシリーズ、これは本当にお勧めです。

まずは素材、結論から申し上げますと「最高」です。元々は防弾チョッキなどの軍用に開発されたバリスティックナイロンという特殊な生地を使用しており、その強度は通常ナイロンの5倍と言われています。この生地は近年、高級なバッグブランドから大変注目されており、まさに素材界のアイドルと言った所でしょうか。

更にレザーパーツには厚口のベジタブルタンニンレザーを使用しており、豊かなエイジング(経年変化)が楽しめます。なぜエイジングの具合まで断定出来るのかと言うと、それは僕が1年間使用した感想でもあるからです。

かなりラフに使っていますが、バリスティックナイロンの方は、若干の色褪せこそあるものの、とにかくシワがつかず、高級感が持続しているという感想ですね。それとは真逆にベジタブルタンニンレザーは目に見えてエイジングしています。最初は結構固めなのですが、使用する程にしっとりと体に馴染んできて、色味も深みを増してきます。

縫製などは全て国内の工房で行われており、日本製だからというわけではありませんが、品質は申し分無し、最高です。

「これでもか!」という程に高スペックづくしのバッグですが、プライスは驚愕の2万円以下。セレクトショップで大人気の、同じくバリスティックナイロンを使用したブリーフィングなどと比べてみて下さい。素晴らしいコスパである事がご理解頂けると思います。

>> 商品詳細ページ(ご注文はこちらから)

コーディネートに色気が増すデザインと確かな品質が魅力!雑誌にも多数掲載されている新星ブランド

 画像4

フェティア ファッティシリーズ ショルダーバッグ ブラック 12,960円(税込)

ミニショルダーバッグと言えば、こちらのフェティア、ファッティーシリーズも間違い無い逸品です。

先程のグッドマンシリーズは僕が使用しているモデルでしたが、こちらは東ヒマの社長兼バイヤー「田村」さん愛用モデル。「とにかく、この素材が良い」という感想です。

何が良いって、しっかりと高級感があるのに、気取ってないんですよね。しかも軽く、頑丈で、水や汚れにも強く、まさに日常使いにピッタリのアイテムです。

この素材、一瞬レザーのように見えるのですが帆布なんです。表面を薄くPUコーティングしている為、水にも強い仕様となっております。

このPUコーティングも絶妙で、実際に手に取ってみると分かるのですが、非常に薄く加工されている為に帆布の生地感がしっかりと出ていて、何とも味わい深い仕上がりとなっております。

また、フェティアは自社工場と呼べる生産ラインを持っているブランドの為、品質だけでなく、コストパフォーマンスも素晴らしいですね。比較的新しいブランドですが、最近では多数の雑誌で商品が紹介されており、東ヒマにも再入荷の問い合わせなど多数頂いております。月並みなセリフですが、まさに「今注目のブランド」ですね。

>> 商品詳細ページ(ご注文はこちらから)

日本職人の技術が詰まったMade in JAPANの逸品、4wayで使える当ブランド最大の人気モデル

 画像5

キャリーネスト トートバッグ 4-S TOTE NEST ブラック/ネイビー 12,960円(税込)

最後に紹介するのは、こちらも近年メキメキと頭角を現してきた新星ブランド「CARRYNEST(キャリーネスト)」です。

このデザインは一見編み込んでいるように見えますが、実は1枚の生地を折りたたんで表現した「折り込みデザイン」なんです。日本の職人さんの「折り紙技法」によって表現されており、どこか和風なエッセンスを感じる仕上がりです。

内装は、スマホなどのデジタル機器の保護を目的とした二重の緩衝材が特徴。デザイナーさんのお話では、なんでも理想の厚さの緩衝材が存在しなかったが為に、思い切って二重にしたそうです。

更にもう一つ最大の特徴がありまして、冒頭の商品ページリンクに「トートバッグ」と記載しておりますが、実はこのバッグ、ミニショルダーバッグではなく、基本的にトートバッグなんですよね。

驚きの4種類変形となっており、トートバッグ型、クラッチバッグ型、そしてショルダーバッグ型が2パターンあり、合計4WAYです。気分やコーデに合わせて使いまわせるので、キャリーネストの中でも大変人気のモデルです。

>> 商品詳細ページ(ご注文はこちらから)

ちぃちゃくたって一人前、こだわりのスペックがギュギュっと詰まったブランドを紹介させて頂きました

 画像6

という事で、「カバン屋が選ぶ、最高品質のミニショルダーバッグブランド3選」、お買い物の参考になりましたでしょうか?

ミニショルダーバッグを選ぶポイントは素材ともう一つ、サイジングも非常に重要です。今回紹介しました3ブランドはここの設計も抜群で、コーディネートに合わせた時にグッと大人っぽさが増しますね。

特にワンダーバゲージに関しては何度も型紙を引き直し、サンプルを作って微調整したと言っておりました。シンプルなデザインであるほど、このサイズ感がものを言うという事です。

僕達は商品のセレクトに本当に時間をかけておりますが、今回紹介しました3ブランドは本当に間違い無いと思います。こだわりのミニショルダーバッグをお探しの方は、是非ご検討下さい。

という事で、おしまい!

>> 「東京ヒマワリ(通販サイト)」トップページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です