FIVE WOODS(ファイブウッズ)のトートバッグを紹介します!

fiv0005a01a01_s2
日本で1890年に創業した鞄の専門商社「株式会社 林五」のプライベートブランド、FIVE WOODS(ファイブウッズ)のトートバッグです。

革の加工は姫路のタンナーが手掛けております。タンニンとクロームの混合鞣しですが、革の風合いが非常に良く、耐久性とエイジング(経年変化)のバランスがとれたバッグに仕上がっております。

シュリンク加工とスムース加工の革のコンビネーションとなっており、シンプルで素朴でありながらも大変高級感があり、美しいバッグに仕上がっております。

バッグ本体と同じ本革のショルダーベルトが付属されており、荷物が多い時はショルダーバッグとして使用する事も可能です。

老舗のバッグブランドらしい上質なムードを纏っており、ビジネスシーンにも最適なトートバッグとなっております。

画像2

どうも、東ヒマのメガネっ子担当、猪野です。

当店ではトートバッグはメインの商材となりつつあり、セレクトしている商材は全て品質に妥協の無いものを揃えておりますが、それらと比べてもこちらのトートバッグは頭一つ抜けた品質に仕上がっていると思います。

その分、お値段の方も頭一つ抜けた価格となっておりますが、ファイブウッズはメーカーのプライベートブランドで、広告などもほとんど無く、いわゆるブランド料のようなものが一切乗っていないので、材料費や工賃などから算出した適正価格なんですよね。

はっきり言ってここまで来ると、どこぞのスーパーブランドと品質を見比べても、ほとんど遜色が無いんじゃないかなと思います。

スーパーブランドはブランド料の塊なので、こちらのトートバッグと同等の品質でも平気で3倍以上の値がつけられると思います。

もちろんスーパーブランドは、デザインやステータスなんかが重要な要素になってくる製品ですので、並列して見比べる事自体が間違っておりますが、単に高品質なバッグをお探しの方でしたら、間違い無くファイブウッズのバッグを強くお勧め致します。

国内でも屈指の職人達が手掛けたトートバッグです。数ある国産ブランドの中でも、文字通りトップクラスの品質だと思いますよ。

画像3

まず特筆すべき点は、何といってもこの革の素材感ですね。ガッチリとした厚手で逞しいレザーです。

しっかりと張りのある革ですし、底面も安定しておりますので、使い込んでいっても自立し続けると思います。

姫路のタンナーが手掛けた混合鞣しの革なのですが、一見フルタンニン鞣しかと思えるほど、味わいのある素材感が特徴となっております。

クロム鞣しの場合、レザー本来の細かなシワが全て潰れてしまい、ゴムのような人工的な表面になってしまいがちなのですが、こちらはクロムが混ざっていながらも、しっかりとシワが残っており、本革の味わいが感じられる仕上がりとなっております。

それでいて混合鞣しの為に強度もございますので、長い間綺麗なままで使用し続ける事が出来ると思います。

バッグはフルタンニン鞣しの方がエイジング(経年変化)が豊かな為に良いとされておりますが、こちらのバッグのようにビジネスシーンにも使用されるバッグの場合は、混合鞣しの方が綺麗なままで使える期間が長いので、マッチしているんじゃないかなと思いますね。

画像4

スライドファスナーには、YKKのエバーブライトが採用されております。YKK製の耐久性に加え、表面が光沢研磨処理されたファスナーとなりますので、美しい光沢が特徴となっております。

画像5

内装は、タブレットPCや書類を入れられる大口のポケットと、

画像6

携帯やパスケースなどを入れられる3連ポケットと、スライドファスナー付きのポケットがついております。

画像7

スライドファスナーが隠れる設計になっている為、一見分からないのですが、実はバッグ手前にもサイドポケットがついております。

サッと物を取り出せるスペースとなりますので、携帯やパスケースはこちらに収納しても良いかもしれませんね。

見た目に美しく、それでいて使い勝手も良いという、非常に洗練された設計となっております。

画像8

ショルダーベルトも付属しております。

正直、こちらの商品に限らず、トートバッグは手持ちか肩掛けが見た目としては美しいと思うのですが、会社帰りのお疲れ時なんかはショルダーの方が楽だと思いますので、あると便利だと思います。

但し、一般的なナイロンベルトではなく、本体と同じ素材の本革ベルトとなりますので、しっかり高級感がある作りになっております。

画像9

また、ファイブウッズの鞄は全てこのような化粧箱が付属致します。

画像10

バッグ本体は、このような起毛生地の袋に入れ、化粧箱に収まる形になります。

画像11

ファイブウッズの製品は、主に英国から入ってきた上品でエレガントな文化がベースとなっておりますが、そこに日本独特の侘び寂びが加わり、それによって余計な装飾などが削ぎ落され、ブランド独自の洗練された雰囲気が生まれているように思います。

こちらのトートバッグは、目立った特徴や装飾は無いものの、まず形がとても美しく、シュリンクとスムースレザーのコンビという控えめなデザインも素朴で、そういった設計に対して、国内最高レベルのクオリティーを注ぎ込むという内容となっており、日本の美意識を体現したようなバッグに仕上がっていると思います。

ファイブウッズの製品は、表面的なデザインよりも実用を重視して作られておりますので、飽きが来ず、大切に使えばそれこそ一生物のバッグにさえ十分なりえると思います。

また、万が一壊れてしまった場合も修理が可能です。当店でご購入頂いた場合は、半年以内の故障であれば送料含み無償で修理させて頂きます。

高価なバッグではありますが、それ相応の価値と品質は保証致します。素晴らしい国産トートバッグをお探しの方は是非チェックしてみて下さい。

という事で、おしまい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です