カバン屋の俺が選ぶ本革トートバッグ、最優秀品番を紹介します

bde0034a01a01_s1
当店はオープン以来、様々なブランドの本革トートバッグを取り扱って参りましたが、今回ご紹介するトートバッグは歴代1位のお勧め品番です。

こちらはボーデッサンの新作として展示会で紹介頂いた品番なのですが、当店が版権ごと買い取りさせて頂きました。

日本のタンナーが仕立てたフルタンニン鞣しの本革は、使い込む程にどんどん味わいが増していきます。裁断・縫製も全てボーデッサン自社工房で行われており、非常に堅牢度の高い仕上がりとなっております。

道具としての機能性の為だけに考案され磨き抜かれた設計は、見た目にも大変美しく、素朴でありながら確かな高級感を演出してくれます。男女問わず、ビジネスにもプライベートにもお使い頂けますので、長年使い込める本革トートバッグをお探しの方は必ずチェックして下さい!

 画像2

どうも、東ヒマのメガネっ子担当、猪野です。

東ヒマがオープンして以来、ずっと主力となり続けている商品カテゴリ、それが「本革トートバッグ」です。

これまで様々な展示会などに顔を出し、様々なトートバッグを見つけ仕入れて参りましたが、今回ご紹介するトートバッグはこれまで当店が取り扱ってきた本革トートバッグの中で最もお勧め出来る商品だと断言致します。

また、今回ご紹介させて頂きますトートバッグは、元々はメーカーの既存品番だったのですが、東ヒマが版権ごと買い取りさせて頂きました。

とってもコストの掛かる決断ではあったのですが、そんな覚悟が決められるぐらいに素晴らしいトートバッグだという事です。

東ヒマでは、品質に100%満足出来る商品しかセレクトしないというスタンスで営業しておりますが、そんなラインナップの中でも星5つ、、いや、、、東ヒマ最高評価、「流星群」です。

それでは、さっそく紹介して参りましょう。

磨き抜かれた完璧な本革トートバッグ、完成しました

 画像3

こちらが本日ご紹介させて頂きます、日本の老舗バッグ専門ブランド「BEAU DESSIN(ボーデッサン)」の本革トートバッグです。

どんな豪華でゴージャスなトートバッグが出てくるのかと思いきや、何だかすごい普通のバッグだなーと思われたかもしれませんが、そうなんです、磨き抜かれた完璧な普通のトートバッグなんです。

まず初めに、先程から本革トートバッグと言っておりますが、厳密に言えばこちらはトートバッグではなく、ワンショルダーバッグです。

ただトートバッグって、結局皆さん肩に掛けて持ち運びますよね?なのに、なぜハンドルが2つ必要なのか、僕はずっと疑問を感じていました。

従来のトートバッグに感じていた様々な問題点

 画像4

そもそも、トートバッグって元々は「手持ち鞄」だったんです。いわゆるハンドバッグですね。

それが、ハンドルが長い方が肩に掛けられるから便利だという事で、ハンドルが長いトートバッグが登場し始めたのですが、メーカーの気持ちとしては、当初の手持ち鞄のように手で持ち運びする人がいるかもしれないという事で、手持ちしても肩掛けしても使えるというサイズ感が現代では主流となりました。

しかし、正直このシルエットって、デザイン的には何だか微妙なんです。トートバッグって絶対にハンドルが短い方が格好いいんですよね。

更には、「じゃあ短いハンドルも長いハンドルもつけたらいいんじゃない?」とか、「ショルダーベルトもつけられるようにしたいらいいんじゃない?」という意見も登場して、確かに色々な機能が追加されて使いやすくはなったのですが、ビジュアルの美しさは右肩下がり、なんだか不細工なトートバッグが増えたなと僕は思います。

しかも、現代のトートバッグ最大の短所である「なで肩の人、ハンドルが肩からズリ落ち問題」は未だ解決が難しい問題です。一応、ハンドルずり落ち防止用のループがついてるトートバッグもあるにはありますが、荷物の出し入れの度にループを取り外す必要があるなど、なんだか問題の根を摘む答えではないと僕は思うのです。

更に、トートバッグは肩掛けする程に型崩れを起こし、ヘナヘナになっていきます。本来トートバッグのようにマチがしっかりあるバッグというのは、設計上あまり肩掛けには向かないんです。

肩掛けでバッグを持ち歩く人が、トートバッグを選んではいけない理由とは?

 画像5

そんな混沌とした現代に僕は言いたいんです。

手持ちでバッグを持ちたい人だけがトートバッグを買えゃあいい!そして、バッグを肩に掛けて持ち歩きたい人は、トートバッグじゃなくて、ワンショルダーバッグを買えゃあいい!

更に、ショルダーバッグのようにトートバッグを使いたい人は、そりゃあもう、ショルダーバッグを買えゃあいい!と。

マルチに色々なシーンに対応出来るバッグも機能的ではありますが、最も美しく使いこなせるのは「適材適所のバッグ」だと僕は思うのです。

スーツを着てビシッとした見た目で書類等を持ち歩くなら、服を傷めない手持ちのブリーフケース、テントを担いで山に登るなら丈夫なアウトドアザックというのと一緒です。

今の生活を振り返って、手持ち・肩掛け・ショルダーと数通りの持ち方を状況に応じてしているなと思うなら、現在主流の3WAYトートバッグを使うのは大いにアリだと思うのですが、多分ほとんどの人がトートバッグは肩掛けのみで使用されていると思います。

そして今回ご紹介するバッグは、肩掛けでバッグを持ち歩く人にとって、完璧に適材適所な仕上がりとなっているのです。

肩からズリ落ちを回避!肩掛けに特化したワンショルダー設計

 画像6

まず、トートバッグの大問題であるハンドルが肩からズリ落ちる件ですが、それはトートバッグが手持ちを想定した設計になっている事に問題の根源がありますので、このように肩掛けだけに特化したワンショルダーにすれば難なく解決です。

かくいう僕も肩掛け可能なトートバッグは所持しておりますが、手持ちをしたいシーンって何かあったかなと普段の生活を振り返ってみたのですが、確かにバッグから荷物を取り出した直後とか、一瞬手持ちでバッグを運んでいるシーンはあるのですが、手持ちが出来ないからって不便さを感じるシーンは何も思い浮かびませんでした。

手持ちが出来ないとは言っても物理的に出来ないわけではなく、バッグを持ち運ぶスタイルとして格好がつかないだけであって、ちょっと右から左に移動させるとかは当然出来るわけです。

つまり、僕の結論としては、トートバッグは肩掛けだけ出来れば全く問題無いと思うのです。

必ず起こる型崩れを、むしろプラスにする設計

 画像7

次に型崩れに関する問題ですが、本革トートバッグの場合はカッチリとした形になっている分、肩掛けをすると徐々に型崩れが起こり、使い込む程に見窄らしい雰囲気になってしまいがちです。

その点、こちらのバッグは肩掛けで使う事が前提となっておりますので、肩掛けによる型崩れが起きても、むしろ革の風格が増すような設計となっております。

ポイントは、縫製を袋状にする事で明確なマチを無くしている事、ワンショルダー設計にする事で「バッグの端でメイン収納部を吊る形」となり、常に良い状態でバッグを持ち歩ける事などですね。

本革トートバッグの寿命は、生地の劣化などよりも型崩れがとても怖いポイントですが、こちらのバッグはそんな心配がクリアされていると思います。

このように、肩掛けでバッグを持ち運ばれる方にとって、ワンショルダーというのはパーフェクトな設計なんです。

古代より伝わる加工方法「フルタンニン鞣し」で仕立てた本革を使用

 画像8

まだまだお勧めポイントは続きます。まずはこちらの素材、エイジング(経年変化)が豊かな、フルタンニン鞣しの本革を使用しております。

本革バッグを持つ方の誰もが求める「使い込む程に味が出る」という要素は、鞣し(なめし)と言われる革の加工方法がクオリティーを大きく左右します。

この鞣しには大きく2種類あって、まず本革製品の圧倒的大多数に採用されている「クロム鞣し」です。これは簡単に言うと、化学薬品を使って簡単に安く革を加工する方法です。

管理や調整もお手軽な加工方法なのですが、最大の欠点はエイジングが乏しくなり、使い込むだけボロくなる事です。

そしてもう一つの加工方法が、古代より動物の原皮を「革」に加工する方法として行われてきた「タンニン鞣し」です。

こちらは植物由来の成分で革を加工する方法で、とてもコストがかかり管理や調整も難しいのですが、「皮」本来の素材感を生かした、表情豊かな「革」に仕上がります。

そして最大の魅力は使い込む程に革の風合いや味わいが増していくという事です。じっくりと本革製品を育てたい人は、このフルタンニン鞣しの革が使用された製品を選ぶべきです。

また、本革製品の中にはクロム鞣しとタンニン鞣しを掛け合わせた加工方法もあるのですが、タンニン鞣し100%の革をフルタンニン鞣しの革と言い、数ある革の中でも大変高級な革素材となっております。

本革を味わい深く育てるコツとは?

 画像9

そんなフルタンニン鞣しの本革を味わい深く育てる為に最も重要な事は、皮脂を吸わせたり、革を動かしてあげる事です。

形がかっちりとしたブリーフケース等ですと、フルタンニン鞣し革を使用してもちょっと育ちにくいんですよね。逆に、革ジャンなどは着込む程に目に見えて味わいが増してきます。

そう言った意味でも、こういったワンショルダーバッグというのは直接バッグに触れる機会も多く、体に密着させて持ち歩く為、フルタンニン鞣し革の味わいを最大限楽しんで頂く為に、これ以上無いベストな設計なのです。

バッグ本体だけでなく、ショルダーベルトも全てフルタンニン鞣しの本革ですので、バッグの全てがエイジングしていくのです。

こちらのバッグに使用されているフルタンニン鞣し革は日本のタンナーが手掛けた素材で、ボーデッサン製品の中でも長年定番生地として使用されている大変実績のある革素材です。

私はエイジンサンプルも確認しておりますが、「こんなエイジングを楽しめるから本革製品が好きなんだよなぁ」と思える、大変に味わい深い経年変化をお楽しみ頂けます。

生後半年以内の仔牛の革を使用した、国産最高峰の本革素材

 画像10

今回のバッグに使用されている革は二種類ございまして、まずこちらが日本のタンナーが手掛けたバッファローカーフ革(全2色)です。

カーフと言うのは生後半年以内の仔牛の革でして、傷が少なく繊細で柔らかな素材感が特徴となっております。また、革の面積が少ない分高価な為、牛革の中で最も高級な本革素材です。

そんなバッファローカーフをボーデッサン監修の下、日本のタンナーがフルタンニン鞣しで仕立てた革です。はっきり言って、革素材のクオリティーでこれ以上のものは少なくとも国内では見つからないのではないでしょうか?そのくらい完璧に振り切ったスペックの素材です。

この素材はボーデッサンの創業当時頃から使用されている大変歴史のある革で、「OV4086」というボーデッサンの製品ラインナップに現存する最古品番にも使用されている革です。

この革の魅力は、繊細な素材感、豊かな経年変化に加え、荷物を入れた時に生まれるシワの美しさが最大のポイントです。

この革が採用された当時の日本は、革のバッグと言えばダレスバッグのような固い鞄が主流でした。そんな時代に本革のシワの美しさに目を付けて、日本で初めて柔らかな革鞄を作ったのがボーデッサンです。

まさに今回のトートバッグに打ってつけの革となっており、美しいシワが、さり気なくコーディネートの高級感や大人っぽさを演出してくれます。お勧めカラー「ブラック」詳細ページはこちら

限りなく原皮の素材感を生かした、こだわりの本革

 画像11

次に、こちらのウォッシュガーメントと呼ばれる、ボーデッサンの初代クリエイティブディレクターが日本のタンナーと共同開発したフルタンニン鞣しの牛革(全三色)です。

こちらの革の最大の魅力は、限りなく原皮の素材感を生かした、ナチュラルな風合いです。一般的に革の着色は染料等で行われますが、こちらは革を加工する際、下地の時点で既に完成色に近い色味にもっていくことで、仕上げ剤をほとんど使用せずに仕立てている所がポイントです。

くったりとコシの抜けた柔らかな本革は、手に取った瞬間に他社製品との明確な違いを感じて頂けると思います。

エイジングサンプルも数点確認しておりますが、しっとりとした肌触りに加え、美しい飴色のツヤが増してくる大変上質な革です。しかも驚く事に、それらのエイジングサンプルは全てクリーム使用などしていないノーメンテナンスの個体でした。

長年時間をかけて本革バッグを育てるならば、それだけのポテンシャルを秘めた革素材を使ったバッグを選ぶべきです。

今回使用されている二種類の革は、どちらも大変育てがいのある革素材です。長年のパートナーとして申し分ないトートバッグだと、自信をもってお勧めさせて頂きます。お勧めカラー「ブラウン」詳細ページはこちら

日本では大変珍しい自社工房を構える本格派のバッグ専門ブランド

 画像12

そんな素晴らしい本革を使用したトートバッグなのですが、裁断・縫製等に関しても、恐らく日本トップクラスのクオリティーとなっております。

一般的な日本製バッグというのは、日本の裁断屋や縫製屋などに持ち込んで行う事がほとんどなのですが、ボーデッサンは創業当時より自社工場を構えており、熟練の専業スタッフによって生産が行われます。

そんな長いブランドの歴史の中で育った工房独自の技術やセンスは、一般的な外注の日本製品と比べ、豊かな個性や堅牢な仕上がりを感じて頂けるものとなっております。

こういった自社工場での物作りというのは、いわゆるヨーロッパの老舗高級ブランド等と同じスタイルなのです。ボーデッサンのバッグは、数ある日本製バッグの中でも、純日本製と呼べる素晴らしい出来となっております。ボーデッサン、製品一覧ページ

寿命を飛躍的に伸ばす、マグネットボタン式を採用

 画像13

今回のトートバッグの開閉口は、スライドファスナーではなくマグネットボタンとなっております。

トートバッグはスライドファスナー式を好む人が多いですが、実はバッグにおいて最も壊れやすいのは、そのスライドファスナーなのです。

なので、このようなマグネットボタンにする事で、飛躍的に寿命を延ばす事が出来ます。ファスナーも取り換える事は可能ではありますが、もちろん修理費用も掛かりますし、何より数週間の修理期間中にバッグが手元に無くなってしまうのも非常に不便です。

また、ファスナー式にする事のもう一つのデメリットは、本革の自然なシワを阻害してしまう事です。特に今回のトートバッグに使用されている革にとって、このデメリットは致命的です。

そういった諸々のデメリットを回避する為に、ボーデッサンのトートバッグはマグネットボタン式が多くなっております。

ワンショルダーは、接続部の耐久性向上にも有利な設計です

 画像14

トートバッグの破損が多い箇所、ファスナーの次はハンドルやショルダーベルトの付け根です。最も負荷が掛かる部分ですので、どうしても破損の原因になりやすいのです。

特に3WAYトートバッグは、手持ちハンドル、肩掛けショルダー、リュック用ベルトという具合で負荷が掛かる箇所が増えるので、その分破損のリスクも大きく上がってしまいます。

しかし今回のトートバッグに関しては、肩掛けだけを想定して設計されている為、構造が非常にシンプルなので、ものすごく耐久性が高い仕上がりとなっております。

先程のファスナーの件も含め、こちらのトートバッグは堅牢性においてほぼ死角無しだと思います。

味わい深い日本製の金属バックルを使用

 画像15

ボーデッサンの製品は、金具類も全て日本メーカー製品を使用しております。こちらのトートバッグはショルダーベルトの長さを調整可能となっておりますが、こちらのバックルがデザインのアクセントにもなっております。

また、バックル設計にする事で素晴らしく良い所は、ショルダーベルトが傷んできた場合、バッグをメーカーに返送する事無くベルトだけ購入出来る事です。

バッグのハンドルやショルダーベルトは消耗品です。その為、長年使い込む上で基本的に交換は必須となってきますが、一般的な縫い付けてあるタイプですと縫製を解かなければならないので修理期間が必要となります。

修理期間に少なくとも1週間は要するので、その間手元にバッグが無くなってしまう事は不便ですし、そもそも梱包等をしてメーカーに返送手続きをするのも面倒です。

恐らく、毎日のように持ち歩いても3~5年は十分に耐えられるベルトですが、傷んできて交換したい場合は当店までご連絡下さい。

当店は修理関連の送料を全て無料とし、パーツ代金などは仕入れ価格のままお客様にお出ししております。

こちらのショルダーベルトは現在ですと1本5000円(税別)でお作りする事が可能です。ちょっとこの辺りの値段はその時の原皮価格等にも左右されるので微妙に変わるかもしれませんが、十分現実的なお値段でご対応出来ると思います。

外装・内装の紹介

 画像16

前面にはスマホやパスケースが収納可能なポケットがございます。

 画像17

内装には2連オープンポケットとファスナー付きポケットがございます。シンプルですが過不足の無いレイアウトとなっております。

また、麻素材の明るい色味の裏地は視認性が高く、サッと荷物を素早く取り出す事が可能です。

数ある本革トートバッグの中で、当店お勧め度No.1の製品を紹介させて頂きました!

 画像18

という事で、本日の商品紹介ブログは以上となります!

本当はまだまだ様々な魅力をお伝えしたい所ではありますが、とりあえず重要な事は全部お話出来たかなと言う感じです。

日本で40年の歴史がある老舗のバッグ専門ブランドが手掛けた、最高品質のフルタンニン鞣し本革を使用したトートバッグです。本革バッグは長年使い込んで喜びを得られるかどうかがものすごく重要なポイントだと思いますが、これ以上無い程にポテンシャルに満ちたバッグである事が、きっと伝わったのではないかなと思います。

そしてこの佇まいがとても美しいですね。装飾の類はもちろん、無駄な裁断や縫製が一切なく、道具としての機能性の為だけに設計されているからこそ、この美しさがあるんだなと思います。

海外ブランド製品はブランドアイコンとなるようなモチーフ(機能性無し)や、でかでかとブランドロゴを配置したりといった場合が多いですが、こういった無駄のない設計はとても日本的というか、侘び寂びを感じる大変上品なレイアウトだと思います。

最高品質の日本製本革バッグをお探しならボーデッサン製品、その中でもこちらのトートバッグは大大大お勧め品番です!長年使い込めるバッグをお探しの方は、是非チェックしてみて下さい!

以上、おしまい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です