厚口のフルタンニン鞣し革を贅沢に使用!日本の老舗バッグ専門ブランドが手掛けた逸品

bde0033b05a01_s2
日本の老舗バッグメーカー、ボーデッサン(BEAU DESSIN)のトートバッグです。

厚口のフルタンニン鞣し革「ウォッシュガーメント」を使用した贅沢な逸品です。傷の少ない上等な原皮を、植物由来の成分だけで加工した革となっており、繊細な革の表情をお楽しみ頂ける他、エイジング(経年変化)も大変豊かな味わい深いバッグに仕上がっております。

比較的大型のトートバッグですが、アコーディオン式の設計になっている為、荷物が少ない時は側面が折れ、デイリーに使いやすいコンパクトなサイズ感で持ち歩ける事がポイントです。

メイン素材もハンドルも全てフルタンニン鞣しの革ですので、使い込む程に飴色の艶が増してきて、クッタリと肌に馴染む使い心地へと革が育っていきます。革の表情の変化を楽しみながら、長年付き合える素晴らしいトートバッグです。

 画像2

どうも、東ヒマのメガネっ子担当、猪野です。

東京ヒマワリの新たな定番人気となりそうなトートバッグが入荷して参りました。4連ハンドル×ウォッシュガーメント(厚口フルタンニン鞣し革)という、ボーデッサンの鉄板スペックとなっており、始めてボーデッサン製品を選ばれる方にも最適なトートバッグです。

このウォッシュガーメントと言う革素材は、ボーデッサンの元祖クリエイティブディレクター、生嶋氏がタンナーと共同開発した、限りなく素上げに近い表情で、豊満な経年変化をする革でございます。

まずは、その素材の魅力をご紹介して参りましょう。

 画像3

こちらが革の拡大写真でございます。ご覧の通り、原皮本来のシワが潰れずに残っており、繊細な表情が魅力となっております。

街でよく見かける革製品は、もっとノッペリとしたツルツルの表面だと思うのですが、あれは化学薬品を使用したクロム鞣しの革を使用している為です。加えて、シワと言うよりも、原皮の傷を隠す意味合いで表面を加工している為でもあります。

ウォッシュガーメントのような革を作る場合は、原皮の質がクオリティーを大きく左右します。目立つ傷がついてしまっている原皮は使用出来ませんので、上等な原皮を選ぶ必要が出てきます。

また、こちらの革は植物由来の成分で加工がされております。これは、人類が遥か昔より「原皮」を「革」に加工する為に行われてきたタンニン鞣しという手法で、革の風合いを生かす反面、非常に手間が掛かる為にコストが上がって参ります。

中でもこちらのバッグのように、一切化学薬品を使わず100%タンニンで鞣した「フルタンニン鞣し」の革は、色ブレ等も激しく、品質管理が非常に難しい加工方法です。そんな様々な問題をひとつひとつ解決し完成したのが、こちらのウォッシュガーメントでございます。

ボーデッサンはとにかく素材の品質にうるさいブランドですが、中でもこちらのウォッシュガーメントは非常にクオリティーが高く、ボーデッサンの真骨頂とも呼べる革素材です。

上等な原皮を使用した、もっちりと厚口のフルタンニン鞣し革は、数ある牛革素材の中でも大変な高級品だと言えるでしょう。

 画像4

使いやすい縦長のA4サイズトートバッグです。マチは広めの設計なのですが、側面の設計により、荷物が少ない場合は、アコーディオンのようにクシュっとコンパクトに潰れる仕様となっております。

 画像5

4連ハンドルです。こちらはウォッシュガーメントではないのですが、同じくフルタンニン鞣しの革です。硬さと張りのある革ですが、フルタンなので使い込む程に柔らかく肌に馴染んで参ります。

 画像6

開閉部はマグネットボタン式です。スライドファスナーのように密閉する事は出来ませんが、実はマグネットボタンのメリットも色々あるんです。

まず第一に耐久性の高さです。バッグにおいて、ファスナーは最も壊れやすい要素です。どんなに良いファスナーを使っていても、例えば生地が裂けるだとか、ハンドルが千切れるのようなトラブルと比較すると、圧倒的にファスナー破損の方が起こる確率が高いです。

次に、クッタリとした革の表情を保てる事です。メイン収納部にファスナーを使用すると、緩やかな革の自然体のドレープ感が無くなってしまい、どうしてもカッチリとした印象になってしまいます。

ボーデッサンは、素材本来の表情をとても大切にするブランドですので、デザインやコンセプトにもよりますが、特に革のバッグにはマグネットボタンが採用される場合が多いですね。

 画像7

内装を見てみましょう。ご覧の通り、シンプルなレイアウトですね。

裏地は明るい麻素材となっております。デザイン的な観点で良いムードな事もそうですが、バッグにおいて、明るい裏地は視認性が良いというメリットがございます。

改札やレジ前などで、パスケースやお財布が出てこない!という事案は良く発生すると思いますが、その際の発見スピードも上がるのでオススメです。

 画像8

こちらはスライドファスナー付きポケットです。ちなみに、内側ロゴ等も全てフルタン革でございます。

 画像9

反対面は、スマホやパスケースなどを入れられるオープンポケットです。

 画像10

カラーバリエーションは、この3色です。

やはり無難なのはブラックですね。使い込んでいくと徐々に飴色の艶が出てきて、控えめな高級感を纏ったバッグに仕上がっていくと思います。

キャメルは色が明るい分、エイジングが顕著だという特徴がありますね。パッと見た時に「上等な革の鞄だ!」と一番感じられるのもキャメルだと思います。

そして、もっとも洒落者向けがグリーンですね。落ち着いた渋みのあるオリーブ色となっており、ゆとりのある大人な印象のバッグです。コーディネートを選びそうなカラーですが、割と何に合わせても、そこそこ形になる万能カラーだと思います。単純に色味が気に入った方はグリーンを選んで頂いて問題無いかと思います。

 画像11

アコーディオン式の設計な事に加え、フルタンニン鞣しの革なので、使い込む程に良い意味で鞄がペタンコになってくるので、容量はありますが十分にデイリー使い用のトートバッグかと思います。とは言え、常時お財布と携帯くらいしか持ち歩かない方にとってはオーバーサイズだと思いますね。

マチがある分、衣類や靴なども収納出来ますので、ジム通いをされている方等にもお勧めです。

ブラックであればスーツにも合わせられると思います。但し、良くも悪くもオシャレな大人感が出てしまいますので、カッチリした職業の方にはお勧め出来ませんね。

街で買った洋服なんかも気軽にポンポンと収納出来ますので、ショッピング時はすごく便利なサイズ感かと思います。

日本の老舗バッグブランドが、原皮からこだわった厚口フルタンニン鞣しの革を使用し、国内の自社工房で裁断、縫製したトートバッグです。日本製のバッグは色々ありますが、ここまで最高スペックの物は中々無いと思います。

徐々に変化する革の表情を楽しみながら、長年の相棒として付き合っていける素敵なバッグですので、トートバッグをお探しの方は是非チェックしてみて下さい。

という事で、おしまい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です