鞄専門ブランドが手掛けた、スタンダードなキャンバストートバッグ

fet0025_com1
日本のバッグ専門ブランド「fetia(フェティア)」より、新作のトートバッグが入荷致しました。

布海苔(ふのり)加工のキャンバス生地と、本格的なイタリアンレザーを組み合わせた独特な設計は、様々なコーディネートとの馴染みが良く、さり気なく品の良さをプラスしてくれるバッグとなっております。

金属パーツには、フェティアオリジナルの真鍮メッキ金具が使用されており、素朴なキャンバスバッグでありながら、程よい色気も感じさせる仕上がりとなっております。

使い込む程に愛着が沸くスルメバッグ!大人しそうに見えて実に個性的なアイテムですよ

 画像2

どうも、東ヒマのメガネっ子担当、猪野です。

当店でも大変人気となっておりますフェティアのファッティーシリーズですが、今期はかなり装いを変えた新モデルが登場致しました。

シリーズ定番となっていたPU加工キャンバス(帆布)素材ですが、今シリーズは布海苔(ふのり)加工のキャンバス生地が使用されております。

そんな素朴なメイン生地に対して、ハンドルには本格的なイタリアンレザーが採用されております。

スペックだけ見るとかなりアンバランスな設計なのですが、これが中々どうして、噛めば噛む程的な渋~い出来になっているんですよね。

本日はその魅力をたっぷりと紹介させて頂きます。

こちらのバッグ最大の長所について

 画像3

まず最初にこちらのバッグ最大の長所を申し上げますと、ズバリ、コーディネートとの馴染みやすさです。

フェティアの製品は主に機能性に重点を置いて作られておりますが、今回はかなりファッション要素にベクトルを振ってきたなという印象です。

素朴なキャンバス生地はあらゆるコーディネートに馴染みやすく、そして高級感のあるイタリアンレザーが実にセンス良くコーデ全体の高級感を押し上げてくれるんですよね。

キャンバス生地のバッグと言えば、バリバリに硬いアメリカンな素材が人気ですが、そこもあえてクッタリとした素朴な生地を選択することにより、繊細で色気あるシルエットを演出しております。

真鍮メッキ金具について

 画像4

金具はフェティア恒例の、真鍮メッキ金具が使用されております。

メイン生地が控えめなキャンバス生地、ハンドルは豪華なイタリアンレザー、そこにこの真鍮メッキ金具という組み合わせが、とても品のある感じに纏まっています。

シンプルなバッグだからこそ、この辺りのパーツがバッグ全体の印象をガラっと変えるのですが、主張し過ぎず地味過ぎない、大変上品な仕上がりとなっております。

使用されているイタリアンレザーについて

 画像5

前述しております通り、こちらのバッグにはかなり本格的なイタリアンレザー素材のハンドルが採用されております。

キャンバス生地に対して、ここまでグレードの高いレザーを組み合わせる事は珍しく、攻めのセレクトだと思います。

普通でしたら豚に真珠的なバランスになりがちだと思うのですが、クラシックなバッグのシルエット等が相まって嫌みが無く、とても上品な印象に纏まっております。

使い込む程にイタリアンレザーはエイジング(経年変化)しますので、キャンバス生地がクッタリとしてきた頃にレザーも味わいが増してきて、新品の時とはまた違ったムードをお楽しみ頂けると思います。

内装について

 画像6

内装は、一言で言えば「普通」です!(笑)

ご覧の通り、特別目立ったギミックも無く、逆に使い難さも無いと言った内容です。

 画像7

但し一点だけ変わった点があり、薄マチのバッグインバッグが付属致します。

こちらのバッグインバッグですが、バッグ本体とキーホルダーで取り付け、取り外しが出来る仕組みとなっております。

ちょっとした外出用の小荷物を入れて、お昼時にはこれだけ持って歩くもよし、散らかりがちな小物をまとめておくも良しです。

スーツとの相性について

 画像8

「フェティアのトートバッグはスーツに合いますか?」というようなお問い合わせを良く頂きますので、今回は写真を用意してみました。

布海苔加工のキャンバス生地ですのでフォーマルな印象に欠ける部分もありますが、クラシックなトートバッグの型ですので、特に問題無くご使用頂けるのでは無いかなと思います。

特に、上下異色のジャケパンスタイルなど、オシャレ目のコーデとの相性が良いと思いますね。

かっちりと堅実なバッグではありませんが、オシャレ度高めの軽いビジネスバッグとしてご使用頂くのであれば、とてもお勧めです。

長さが3段階で調整できるレザーハンドル

 画像9

フェティア恒例のハンドルの長さ調整ベルトですが、今作は3段階の調整が可能となっており、更には、どの長さにしても全体のフォルムの収まりが良いように設計されております。

最も短くした場合のハンドルベルト全長が約31.5cm、最も長くした場合は約40.5cmとなっており、短くした場合は手持ち限定のスマートなサイズ感に、長くすれば肩掛けも可能なサイズへと調整が可能です。

コーディネートをアシストする、控えめな名脇役バッグです

 画像10

正直、華があるバッグでは無いのですが、素朴ながらもバッグとしての色気はしっかりと健在で、中々にくいセンスの仕上がりになっていると思います。

最初に申し上げました通り、コーディネートへの馴染みやすさは本当に抜群ですね!本格的なイタリー製のジャケットやコート等と合わせても、多分かなりオシャレな感じになるのではないでしょうか?

コーデの主役にはならないと思うのですが、いい感じに主役を邪魔せず、さり気なく高級感をプラスしたり、もしくは良い意味でゴージャス感を緩和してセンス良く纏めてくれたりすると思います。

逆に、素朴過ぎるコーディネートと合わせると主役不在というようなコーデになってしまうので、イマイチかもしれませんね。

TシャツGパンみたいなコーデでしたら、オールレザーの本革トートのような主役系バッグを持たれた方が全体が締まると思います。

当店では主役系バッグもたくさん取り揃えておりますので、是非そちらもチェックしてみて下さいね。

という事で、おしまい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です