メンズ向け本革リュックの大本命はコレ!鞄専門ブランド渾身の逸品

fet0022_com1
日本のバッグ専門ブランド「fetia(フェティア)」より、新作の本革オールレザーリュックが入荷致しました。

全面に使用されている牛革は、柔らかでモチモチとした肌触りと味わいのあるシボ感が魅力となっており、本革のバッグを持つ喜びを存分に感じて頂ける仕上がりとなっております。

金具類は全て真鍮メッキとなっており、使い込む程に穏やかなエイジングをお楽しみ頂けます。

一般的にリュックはジャケットやスーツと相性が良くないとされておりますが、こちらのリュックは非常にクラシックで品のあるデザインとなっており、様々なコーディネートに大人っぽさや高級感をプラスするような仕上がりとなっております。

本革のリュックをお探しの方には必ずチェックして頂きたい商品です。

ジャケットにもスーツにも合わせやすい、本格的な本革リュックが登場しました!

 画像2

どうも、東ヒマのメガネっ子担当、猪野です。

ジャケットやシャツなど、キレイめ系コーデに合わせやすい本革リュックが入荷致しました。

オールレザーの本革リュックは昔から探していたのですが、やっと満足いくスペック、そして丁度良いデザイン&価格の商品を店に並べられて良かったなぁという気持ちです。

リュックは、レザー仕様の場合もアウトドア系のリュックと同じような型が使われる場合が多く、ジャケット等と合わせてもいまいちシックリ来ない物が多いんですよね。

逆に高級感がありすぎても、それはそれで悪目立ちしてしまってイマイチなんです。

今回ご紹介させて頂きますフェティアのリュックは、スペック等の品質が抜群な事もさることながら、デザインやサイズ感など、とにかく色々と丁度良いんです。

本日はその魅力をたっぷりとご紹介させて頂きます。

こちらの本革リュック、最大のお勧めポイントについて

 画像3

僕はバッグを紹介する場合、素材や縫製のクオリティーなどスペック面からお話する場合が多いのですが、こちらのリュックに関しては、まずデザインを見て頂きたいです。

シンプルではあるのですが、いわゆるアウトドア系ブランドのリュックとはムードが異なる、上品な雰囲気のデザインにまとまっております。

特にサイズ感がポイントで、面長で身幅が細く、薄マチの設計となっています。

面長だからこそ男性的な雰囲気や重厚感が感じられ、細身で小ぶりだからこそ野暮ったくならず、清潔で品のあるムードが演出されております。

また、本革の素材感も良く、縫製等も細かな所までしっかり作られておりますので、近くで見れば見る程「あれ?良いバッグだなー!」と思わせる高級感がありますね。

ジャケットやコート、シャツなどのコーディネートに合わせやすく、加えてさり気なく上品な雰囲気を演出してくれるリュックという所が、最大のお勧めポイントとなります。

使用されている本革素材について

 画像4

一般的なバッグメーカーの多くは、いわゆる「ありもの生地」と言われる、生地屋さんがストックしている生地を使って製品を作っているのですが、こちらのリュックに使用されている革は、フェティアが日本のタンナーと協力して開発したオリジナルの革素材です。

今回のバッグに使用されている本革は、植物タンニンに少量のクロムを混ぜた混合鞣しとなっており、簡単に言うと素材感を重視しながらも、ある程度の耐久性も兼ね備えた革となっております。

ふくよかで柔らかなモチモチとした肌触りで、上品な大人のリュックに相応しい素材感に仕上がりました。

一見綺麗なスムースレザーのようですが、手に取ってみると薄っすらと革のシボもあり、穏やかな革の味わいも感じられる所がポイントです。

植物タンニンが使用されておりますので、本革バッグの醍醐味であるエイジング(経年変化)をお楽しみ頂けると同時に、少量のクロムも含んでおりますので、ある程度の湿気等にも耐えられる設計となっております。

重量に関しても大変こだわって開発がされており、本革バッグらしい心地よい重量感が感じられつつも、日常使用でストレスにならないレベルに調整がされております。

今回、こちらのリュックの発表が遅れた原因のひとつは、この革素材の開発だそうです。

大まかなデザインは1年以上前から決まっていたのですが、どうしてもこの革に納得がいかないという事で、何度もサンプルを作っては検証、作っては検証を繰り返したそうです。

その結果、素材感、耐久性、重量、そしてコストにも入念に気が配られた、非常にバランスの良い革素材が完成致しました。

デザインコンセプト

 画像5

今回のラインナップはデザインテーマが「波紋」という事で、曲線が曲線を生み出すような、柔らかで自然なフォルムが特徴となっております。

革の素材感や真鍮メッキ金具などによって高級感は感じさせるものの、良い意味で格好をつけない控えめな印象にまとまっており、スーツにも普段着にも合わせやすく、さり気なく高級感を演出するコーディネートの引き立て役として活躍してくれるでしょう。

高級感を前面に押し出す海外ブランドとは異なり、どこか素朴で品の良い、日本的な感性に溢れた仕上がりとなっております。

ブランドオリジナルの真鍮金具メッキ

 画像6

金具パーツは、金具メーカーが様々なデザインの物を作っているのですが、どうしてもイメージ通りの金具が見つからないという事で、今作は金具までもフェティアがオリジナルで開発致しました。

こんな小さな金具にどこまでこだわるんだ!と最初は思いましたが、製品サンプルを並べて見比べてみるとその差は一目瞭然、物凄く印象が変わるんですよね。

設計図なども見させて頂きましたが、本当にミリ単位での調整を行っていて、その結果、このようにシャープで優雅な曲線を描いたオリジナル金具が完成いたしました。

バッグ全体を見てみても、この金具がとても品のあるアクセントになっていて、フェティアのブランドイメージにピッタリの出来だと思います。

サブポケットについて

 画像7

リュックはメイン収納部の内装より、サブポケットの使い勝手が機動力を大きく左右します。

こちらのリュック前面のポケットは、一見ベルトタイプに見えるのですが、実はシークレットマグネットになっており、簡単に開け閉めをする事が出来ます。

内容量も、比較的大きめのラウンドファスナー財布も収納出来る程スペースがあります。

リュックによくあるこちらのポケットは長財布が収納できないサイズの場合が多いので、嬉しい設計だと思います。

 画像8

また、リュック側面にはスマホやパスケースを収納出来るポケットが2ヶ所ついております。

スマホを収納する事を前提に作られておりますので、アウトドアリュックのようにペットボトルを入れたりする事は難しいのですが、その分スマホを入れた時にタイトに収納する事が出来ます。

また、比較的深めのポケットとなっており、スマホを入れるとスッポリと頭まで隠れるので、リュックを背負っている時に誤って落としてしまうリスクが低い設計となっております。

背面の設計について

 画像9

こちらのリュックは背面が凝った作りになっている所もお勧めポイントです。

シャリシャリとした肌触りの良い生地に加え、ショルダーベルトの裏地もメッシュ素材となっておりますので、夏場も快適にご使用頂くことが出来ます。

見た目にも高級感があって良いですね、機能的でありながら、アウトドア的なアプローチがされていない上品なデザインとなっております。

内装について

 画像10

それでは内装を紹介していきましょう。

まず現代リュックの定番であるパソコン収納ポケットがございます。

こちらは13インチが推奨サイズとなっておりますが、物によってはそれ以上大きいものも入れる事が出来ます。

但しマチなどの都合で何とも言えない部分ですので、パソコンのメーカーと品番を教えて頂けましたら、個別に収納可能かどうか回答させて頂きます。

また、A4のクリアファイルがスッポリと入るサイズ感でもありますので、メイン収納部にはお弁当箱を、こちらのパソコンポケットには書類を、と言ったような使い方も可能です。

 画像11

こちらのパソコン収納ポケットは蓋(?)がついていて、中身を美しく見せたい時は、このように蓋をしてしまいましょう。

逆に出し入れを楽にしたい場合は、先程のように内側に折り込んでしまえば良いと思います。

 画像12

パソコン収納ポケットの対面には、オープンポケットとスライドファスナー付きポケットがございます。

外のサブポケットに入れておくのは防犯的に心配という方は、こちらにお財布やスマホを入れておくと良いと思います。

 画像13

メイン収納部は、A4サイズがゆったりと収まるサイズ感となっております。

但しマチは広くなく細身のリュックとなりますので、たくさん荷物を入れたりするには向いていないと思います。

旅行にも使えなくは無いですが、内容量としては心もとないかなと感じます。

逆にお出かけや通勤用のリュックとしてはジャストサイズですね。

スーツとの相性について

 画像14

「フェティアのバッグはスーツに合いますか?」というようなお問い合わせを良く頂きますので、今回は写真を用意してみました。

悪目立ちしない控えめなデザインで、加えて高級感もありますので、数あるリュックの中でもかなりスーツと相性が良いんじゃないかなと思います。

ビジネス向けのリュックは色々ありますが、スクエア型でナイロン素材という物が多く、本革でクラシックなリュックは何気にかなり希少だと思います。

お値段はお手頃ですが、品質は全く妥協されておりません!

 画像15

本革のリュックは様々なブランドの物がございますが、総じて言える事はとにかく高い!という事です。

しかし、リュックと言うのは基本的にトートバッグ等と比べて製造コストが高いんですよ。なぜなら立体的な構造となるのでデザインするのも生産するのも色々と大変なんです。

このぐらいのスペックであれば一般的なブランドは4~5万円くらいが相場だと思うのですが、こちらのリュックは3万円代という事で、コスパにもかなり優れたバッグだと思います。

もちろんスペックには一切妥協が無く、デザインも非常に洗練されておりますので、本格的な本革リュックをお探しの方に是非チェックして頂きたい商品です。

フェティアは他のブランドとは真逆で、デザインやブランディング以上に機能性やコストパフォーマンスを重要視しております。

コスト的な意味も含め、毎日ガシガシ使える高品質なバッグという事をテーマに物作りをしておりますので、ファッション系ブランドとは違い広告費が販売価格に乗っておらず、バッグ専門ブランドらしい確かな物作りが魅力のブランドです。

本革のリュックをお探しでしたらかなりお勧めの逸品です、是非チェックしてみて下さい。

という事で、おしまい!

メンズ向け本革リュックの大本命はコレ!鞄専門ブランド渾身の逸品」への2件のフィードバック

  1. 中込義彦

    オールレザーリュックについて

    TOSHIBAダイナブック B65/M
    型番 PB65MTB41R7AD21

    こちらのPC収納は可能でしょうか?

    返信
    1. iinon 投稿作成者

      お問い合わせ、誠にありがとうございます。
      東京ヒマワリ担当、猪野でございます。

      ご相談頂きました内容に関してですが、お調べさせて頂きました所15.6型のノートパソコンかと思いますが、パソコンポケットの部分への収納は難しいと思われます。

      メイン収納部であれば収まるかと思いますが、重量なども考えますと実用度はやや低いかと思われますので、ワンサイズ大きいリュックをご検討頂いた方が良いかと思います。

      以上、参考になれば幸いでございます。何卒ご検討の程宜しくお願い申し上げます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です