クレジットカードの非保持化対応しました

20180312_bl_top
どうも、最近はコンタクト率が高い東ヒマのメガネっ子担当、猪野です。

一般の方はご存知無いかと思うのですが、2016年2月に、経済産業省からネットショップに向けて「クレジットカードの非保持化」という指令が出されました。

これは何なのかというと、要するにクレジットカード情報をネットショップ側の人間が管理せず、セキュリティー対策が万全な大きい会社に任せなさいという話です。

相変わらずIT業界は情報の漏洩が止まらず、非常に物騒である事は事実。

僕らも万全な対策でもってサーバーは管理しておりますが、やはり万が一はありますから、そういった非保持化のような対策はすべきだと思います。

という事で、その非保持化の期限が2018年3月までという事で、当店も早速対応しました。

当店のクレジットカード情報は、PCI DSSに完全準拠したGMOペイメントゲートウェイが管理します

 画像2

今後クレジットカードの情報管理をする為には、PCI DSS(クレジットカード業界のセキュリティ基準)への準拠が必須となるそうで、当店ではこのPCI DSSという基準に完全準拠した、GMOペイメントゲートウェイに全ての管理を行って頂きます。

過去に当店をご利用頂き、クレジットカード情報を入力頂いた方に関しても、その情報は既にGMOペイメントゲートウェイのセキュリティー内に保持されておりますので、ご安心下さい。

その他住所などの情報は、全てSSL環境下で暗号化して送受信しております

当ブログや通販サイトの方を見て頂けると分かると思うのですが、ページのURLの頭文字が全て「https」となっております。

これは、このページがSSLという技術で管理されており、入力した情報が全て暗号化された上で、皆様のパソコンやスマホと、当店のサーバーを行き来していることを意味しています。

このSSLに関しても、同じくGMOが運営するグローバルサインのSSLサーバ証明書を取得しております。

という事で、東ヒマの守りが完全体になったお知らせでした

正直言うと、こういうセキュリティー周りは「絶対に大丈夫」とはどこまで対策をしても言えないのですが、当店では思いつく限り最高のセキュリティーで、お客様の個人情報を管理しております。

今後も商品のセレクトだけでなく、こういったセキュリティーに関しても最高のサービスで皆様をお迎えしたいと考えておりますので、東京ヒマワリを何卒宜しくお願い申し上げます!

以上、おしまい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です