GNUOYP(ニュピ)、トートバッグを紹介

nup0005_com1
日本のバッグ専門ブランド「GNUOYP(ニュピ)」のトートバッグです。サフィアーノと呼ばれる型押しPU生地がメイン素材として使用されており、重量が軽く、水や汚れに強い事が特徴です。

随所に使用されているレザーは、創業40年を誇る日本の革屋が手掛けた「ビゾンテ」と呼ばれる素材です。クロム鞣しでありながらエイジング(経年変化)が非常に豊かで、使用を重ねるとコードバンやブライドルレザーのように飴色の艶が出てくる事が特徴です。

画像2

どうも、東ヒマのメガネっ子担当、猪野です。

こちらの商品は、GNUOYP(ニュピ)のデザイナー小川陽生氏の「ボストン崩れのザクッと使えるトートを作りたい」というイメージで設計されたそうです。

全体的に丸みを帯びたフォルムが特徴で、カチッとし過ぎない雰囲気は様々なコーディネートと相性良く馴染んでくれそうです。

あと、サイズ容量は結構デカいです。これはデザイナーの好みでありGNUOYP(ニュピ)製品の特徴なのですが、一般的なデイリーユースのバッグと比べて少し大きめに作られています。

但しメイン生地がPU素材なので、サイズは大きいものの重量は非常に軽いですね。コーディネートの華になるトートバッグをお探しの方にお勧めの商品です。

画像3

ハンドルに使用されている革は、日本の革屋が手掛けたビゾンテというクローム鞣しの牛革素材です。一般的にクローム革は、丈夫な反面エイジングに乏しいと言われておりますが、こちらの革はクロームの長所である強度を兼ね備えながら、エイジングも非常に良い革なんですよね。

正直、新品の状態ではクロームっぽいんですけど、使用を重ねていくと飴色の艶が出てきて、柔らかく肌に馴染む革に育っていきます。メイン素材がPUではありますが、ハンドルに良いレザーを使用しているので風格のあるバッグに仕上がっていますね。

画像4

底鋲は5ヶ所打たれております。

画像5

こちらのフック(真鍮製)をとめる事で、このような折り返しのフォルムとなっております。一応フックを外して内容量を増やすことは可能ですが、正直見栄えは良くないかなと思いますね。

上着など大きな荷物を出し入れする時以外は、基本的にとめっぱなしでの使用がベターかなと思います。

画像6

内装は小物用のポケット2つと、ジップ付きポケットが1つです。

画像7

結構サイズはありますが、デイリー使いとして問題無く使えるサイズ感だと思います。普段手荷物が多い方にお勧めのバッグですので、お探しの方は是非チェックしてみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です