フェティア(fetia)、ヒオナシリーズ(Hiona)小銭入れを紹介

fet0016_com1
フェティア(fetia)のヒオナシリーズ(Hiona Series)最大のポイントは、「アリゾナ」という、イタリアを代表する高級レザー素材が使用されている所。

この小銭入れ(コインケース)に使用されている革は、CONCERIA LA BRETAGNA社のタンナーオリジナルの牛脂や魚脂で鞣された個性的なオイルレザーで、非常に豊かなエイジング(経年変化)が特徴です。使用するほどに艶が増し、肌にもシックリと馴染んできますので、「良く使いこまれた財布」へと育っていく過程を存分に楽しめる事でしょう。

アリゾナの素材を生かす為に、キャンバス等の裏地が一切使用されていないオールレザーの設計なので、スライドファスナー以外全てのパーツがエイジングする所もポイントです。

使い勝手の良い大口の設計が魅力、経年変化を楽しめる小銭入れをお探しならヒオナシリーズは必見

画像2

どうも、東ヒマの猪野です。

シンプルなレザーの小銭入れ、ハイブランドの物じゃなくても良いけど、素材や作りにはこだわった物が良い。そんなテーマでコインケースをお探しでしたら、是非こちらのヒオナシリーズはチェックを入れて頂きたいですね。

まずレザー、間違い無く抜群です。アリゾナはとにかく経年変化が顕著に現れるので、是非ポッケなどに入れて持ち歩き、エイジングさせていって欲しいです。縫製も流石フェティア、やっぱりキレイですよね~。自社工場と呼べる程にコミュニケーションがとれた生産ラインなので、ワンランク品質が上だと感じます。

内装もバサッと入れてガサっと見れるダイナミックな設計です。カードやお札なんかも入りますので、手ぶらにこだわる休日散歩なら、これ一個でOKです。

画像3

こちらの小銭入れ最大の特徴は、この大きく口を開けたコインケースですね。ファスナーなどありませんが、コインが落ちる事が無い設計になっております。小銭の状況が一目で分かるので、レジでスピーディーな会計が出来る事でしょう。

画像4

コインケースとは別に、多用途で使えるポケットが3ヶ所ございます。

画像5

お札を入れたり、

画像6

カードを入れたり、ライフスタイルに合わせてご使用下さい。

画像7

ちなみに、手前2ヶ所は内容量が可変という、非常にユニークな設計になっております。片一方の内容量が多い場合は、片一方が縮小するといった具合です。

画像8

スライドファスナーは安定のYKK製、真鍮カラーで高級感もあり、間違い無いですね。

画像9

アリゾナ(革素材)も雰囲気抜群ですね、エイジング(経年変化)が楽しみになる、味わい溢れる風合いです。

画像10

「素材」という事に関して言えば、現状フェティアのヒオナシリーズ以上にコストパフォーマンスが良い製品は無いと思います。少なくとも僕は思い浮かびません。

デザインに関しても、いわゆる「オジサン向けの革小銭入れ」のような重さが無く、スタイリッシュな印象が良いですね。品質にこだわって小銭入れを探している方には間違い無くお勧めのアイテムです。是非ご検討下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です