ボーデッサン(BEAU DESSIN)のラウンドファスナー長財布

bde0007_com1
日本の老舗バッグメーカー、ボーデッサン(BEAU DESSIN)のラインナップの中で、定番商品として人気が高いのが、こちらの長財布のような革小物です。

元々は、バッグを作る際に余ったレザー素材がもったいないからという事で作り始めたそうで、その為、最高品質の素材と縫製であるにも関わらず、非常に手が届きやすい値段設定である所も魅力です。

ボーデッサン特有の柔らかなレザーは、しっくりと肌に馴染み経年変化も存分に楽しめます。英国ブランドのような固いイメージの製品とは真逆で、革本来の味わいを生かし、素朴で優しい印象に仕上がっております。

製造ラインの外注化が進む中、ボーデッサンは、1979年の創業当時より国内に自社工房を構え物作りを行っている数少ないブランドです。日本の物作りの真髄を感じられる、大変クオリティーの高い逸品ですよ。

画像2

どうも、東ヒマの猪野です。

この手のシンプルなラウンドファスナー長財布は、様々なメーカー、ブランド、セレクトショップなどがもれなく作っておりますが、品質や歴史など様々な要素を視野に入れても、ボーデッサンは間違い無くトップクラスですね。

ボーデッサンは「最高品質の素材を生かす物作り」というテーマを掲げており、素材感の追求に関して膨大な時間を使ってきたブランドです。35年という長い月日を経て磨き抜かれた審美眼や経験、技術は、おいそれと追いつけるものではありません。

更にボーデッサンは、日本では数えるほどしかない自社工房を構えるブランドです。大量生産品のラインとは異なり、革を裁断したり縫製したりといった工程を、固定の職人が作業しておりますので、同じものを作れば作る程にクオリティーは高まっていきます。

こちらの長財布はブランドの定番品と言う事で、もはや非の打ち所が無いほどに完成度高く仕上がっております。品質にこだわって財布を選びたい方ならば、ボーデッサンは間違い無くお勧めです。

画像3

大容量設計の内装は、お札入れが6ヶ所に、カードケースが12ヶ所という内容です。

画像4

こちらのメインのお札入れと、

画像5

こちらもお札が入れられるスペースとなっております。

画像6

ボーデッサンの製品に使用されているスライドファスナーは、全てYKK製です。しかも普通の物ではなく、YKKの中でも最高ランクの物のみを使用しております。

画像7

ボーデッサンのレザーは、とにかく柔らかく、肌馴染みが大変優れております。豊かなエイジング(経年変化)も楽しむ事が出来、高品質な革製品を持つ喜びを十二分に感じて頂けると思います。

画像8

可愛らしい、オリジナルのブランド巾着に入れられておりますので、プレゼントなどにも大変お勧めです。

画像9

同じ日本製品の中でも、ここまで深い歴史があり、自社工房による縫製レベルの高さがあり、素材には徹底的にこだわっており、、こんなブランドは他に無いと思います。

近年日本製品は品質が良いと話題ですが、その背景には、ボーデッサンのような老舗ブランドの努力の歴史があるからだと僕は思います。磨き抜かれた最高品質の長財布をお探しの方に間違い無くお勧めのアイテムですので、是非ご検討下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です