kiruna(キルナ)、洗練された大人のボストンバッグを紹介します

kir0003_com1
日本のバッグ専門ブランド、kiruna(キルナ)のBEATTEX(ビートテックス)生地ボストンバッグ(ダッフルバッグ)を紹介します。

旅行にも使える大型のバッグは数多くありますが、これほどまで洗練されたデザインの物は中々無いと思います。見た目だけでなくスペックも充実しており、大変お勧めのアイテムです。

画像2

メインで使用されている素材は、BEATTEX(ビートテックス)と言う、日本の企業が開発した新素材です。実はこの生地はバッグ用に開発された物では無く、タイヤに織りこむ強靭ナイロン織物です。

タイヤが受ける荷重・衝撃にも耐えられる引裂強度に大変優れた素材で、更には撥水性も高く重量も軽いのが特徴です。シワのつき方も大変小慣れた雰囲気があり、バッグの素材に最適だとキルナのデザイナーが目をつけました。

画像3

ハンドル部分には本革(牛革)が使用されております。使うほどに経年変化が楽しめますし、最初は固いレザーも徐々に柔らかく手にしっくりと馴染んできます。見た目にも大変高級感があって良いですね。

画像4

ショルダー紐も付属しており、手持ちと合わせて2wayで使用する事が可能です。重い旅行鞄を長時間持ち歩く場合は持ち方を変えると楽になるので嬉しい配慮ですね。

画像5

裏地は、視認性の高い明るいカラーのナイロンが使用されています。汚れにも強く、タフな設計となっております。縫製もジャパンメイドならではの丁寧な仕上がりです。

画像6

キルナのバッグには、シリアルナンバーが刻印されております。

生産から3年未満の製品に関しては、メーカーが無償で修理対応をしており安心なだけでなく、品質に対する自信も伺えます。

また、3年を超えた場合は基本的に有償となりますが、メーカーは何十年と使用したバッグでさえも喜んで修理に応じてくれます。更にはバッグのカスタマイズなども可能だそうで、中には何万円も出してオリジナルのバッグに改造される方も居るそうです。

リペアも生産した工場で行われる為、通常の修理屋さんに依頼するよりも高いクオリティーのリペアが期待出来ます。

画像7

キルナのブランドアイコンである切手型のタグは、実は生産年度によりデザインが異なります。右上の数字が製造年を示しており、修理に出す際の目安にもなります。

画像8

キルナのバッグは全体的に生産数量が少なく、人気のモデルはすぐに売り切れになってしまいます。ご希望のカラーが売り切れの場合は、次回生産時にオーダーする事も可能ですので、是非当店までお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です