ハリスツイードって、結局高級品なの?安物なの?

harris_tweed
どうも、東ヒマのメガネっ子担当、猪野です。

本日はハリスツイードを紹介していこうと思うのですが、皆さんはこのブランドが一体何者なのかご存知でしょうか?名前は知らなくても、↑のブランドロゴは何となく見た事がある人が多いんじゃないかなと思います。

と言うのも、2010年の「創業100周年」に数多くの有名セレクトショップに商品が並んだのをきっかけに大ブームになり、現在ではその他様々なショップで売られるようになったからです。

そんなハリスツイードですが、注目が集まりだした頃は高価な印象でしたが、現在は比較的安価な印象に様変わりして、「結局、高級品なの?それとも安物?」という疑問を持たれている方も多いと思います。

本日はそんな「ハリスツイードの本当の所」なども掘り下げつつ、ブランドの紹介をしていこうと思います。

君もハリスツイード職人になろう!生地を買ったらすぐになれるよ!

ハリスツイード画像2

まず初めにハリスツイードとは、ジャケットやバッグなど「物」の名前ではなく、「生地」の名前なんです。なので、世の中に出回っている商品は、いわゆる「ハリスツイード社の製品」ではありません。

各メーカーが生地を買ってきて、それを材料に物作りをしているので、「ハリスツイード生地を使用した○○社の製品」というのが正しい解釈ですね。

例の紋章も生地を購入した人に授けられる物なので、例えば僕が通販とかで生地を買ってきて、自分でバッグを作って、そんで紋章をペタッと貼って「ハリスツイードのバッグです」って販売しても、全く問題がありません。

高級生地として知られるハリスツイードですが、元を辿れば庶民の生地なんです

ハリスツイード画像3

ハリスツイード生地と言うのは、すごく簡単に言えばウールを厚手に手織りした生地なので、もちろん安物ではないんですけど、ものすごーーく高価な生地、ってわけでもないんですよね。生地の単価だけで見るならば、牛本革よりは安い、というくらいの感覚です。

元々はスコットランドの片田舎に伝わる伝統的な生地で、漁師達が防寒用に着る服なんかに使われていて、だからこそ高級感ってよりも、素材の風合いや味わいなんかを楽しむ生地なんですよね。

その生地が「コレって洒落てるよね?」という感じでジワジワと人気になり、ツイードジャケットのような形になり、やがて世界のジェントルメン達に愛用されるようになったんです。

同じハリスツイード製品なのに、この価格差はなーに!?

ハリスツイード画像4

そんなハリスツイードの製品ですが、価格を左右する要素は大きく2つあります。

一つ目にどれだけハリスツイード生地を使っているかです。例えば全面ハリスツイード生地のジャケットなんかは安物を見かけないですよね。逆に、デザインとしてちょこっとだけハリスツイードを使用したバッグなんかは廉価な製品が多いです。

二つ目にどこの誰が、どれだけのクオリティーで作ったかです。単純に言えば、縫物なんてろくに出来ない僕が作った製品よりも、ベテランの職人さんが作った製品の方が高価だと言う事ですね。

言うなればハリスツイードはコシヒカリ!炊き方等がいまいちだったら美味しくないんです

ハリスツイード画像5

そんなスペックと価格の差がある様々なハリスツイード製品ですが、歴史ある素晴らしい生地だからこそ、併せて使用されているレザーや、縫製なんかもこだわっている製品を選びたい所です。

せっかく上質な新潟産のコシヒカリを食べるならば、炊き方や、おかず等にもこだわりたいっていうのと同じですね。

東ヒマでは、革素材やパーツだけでなく、ブランドや工房のバックボーンなどマニアックな部分にもとことんこだわり、ハリスツイードの良さを存分に堪能できるアイテムだけを厳選セレクトしております。

香川の革手袋界の王、「クロダ」が手掛けたハリスツイード手袋

ハリスツイード画像6

東ヒマが扱うハリスツイード製品の中でも特にお勧めなのが、日本の手袋専門ブランド「クロダ」が手掛けた手袋です。

デザインや風合いが人気のハリスツイードですが、本来は防寒性という機能面に優れた素材です。だからこそ財布や鞄なんかよりも、手袋の方が素材の良さを生かしていると思うんですよね。

そして、このクロダというブランドは手袋作って40年の老舗ブランドです。ミラノで行われた国際見本市MIPELでは国内2社目となるパノラマ部門大賞を受賞し、特に革手袋に関して言えば間違いなく国内最高レベルの品質だと思います。

ハリスツイードと併せて使用されているレザーは、羊革の中でも最高峰とされる生後1年以内の仔羊(ラムスキン)を使用しており、これ以上ないスペックです。

更に、タッチパネル操作にも対応しており、まさにヌカリ無しといった仕上がりです。ハリスツイードの手袋をお探しでしたら、クロダ製品を選んでおけば、まず間違い無いでしょう。

クロダ製ハリスツイード手袋はこちら

ハリスツイードの対抗馬、同じく英国の老舗ツイード生地メーカー「MOON(ムーン)」

ハリスツイード画像7

ハリスツイードが気になる方は、是非こちらのMOON(ムーン)もチェックして頂きたいですね。

1837年に創業したイギリスのツイード生地メーカーで、原毛の紡績から仕上げまで全工程を自社で行っており、英国でも希少な社内一貫生産が出来る織物工場です。

ハリスツイードがハンドメイドの味な生地なのに対して、MOON(ムーン)は高級テーラーなどが主に取り扱う生地です。その為、フォーマルなシーンや、キレイめ系コーデなどと相性が良いのが特徴ですね。

良く、ハリスツイードとムーンは、どちらの方が高級なのかという話題がありますが、どちらもイギリスの歴史と文化が築いた伝統の生地で、一長一短あり、とても比較出来るような話ではありません。

カジュアル用途で味を楽しみたいならハリスツイード、フォーマル・キレイめ系用途でオシャレを楽しみたいならムーン、というのが私の見解ですね。

クロダ製 MOON(ムーン)手袋はこちら

結論、ハリスツイードは間違い無く良い生地!だけど誰が企画&製品化したかは要チェック!

ハリスツイード画像8

という事で!あれやこれや語ってまいりましたが、お買い物の参考になりましたでしょうか?

色々書きましたが、ハリスツイードはやはり良い生地だと思います。味わい深く堅牢で、それだけでなくイギリスの歴史や文化を感じられる素晴らしい生地です。

様々なコーデとも相性がよく、さり気ないアクセントにもってこい!チェック柄の何かを取り入れたいなと思ったら、まずはハリスツイードを検討してみるが吉ですね。

という事でハリスツイードのお話はここまで。東京ヒマワリでは、他にもたくさんのブランドを取り扱っておりますので、是非アクセスしてみて下さい!

以上、おしまい!

「東京ヒマワリ」通販ページはこちら

ハリスツイードって、結局高級品なの?安物なの?」への4件のフィードバック

  1. 高杉正勝

    突然ですかコメントさせて下さい。

    以下に本当は50%以上、ハリスツイードの生地を使っていないとラべルつけられないのに規定を守らず、ワンポイントで使ったようなものにもラべルがつけられて安いイメージがついてしまってきています。
    最近、雑誌にもその問題がとりあげられました。
    https://www.harristweed.org/wp-content/uploads/hta_guidelines_jp.pdf

    参考まで

    返信
    1. iinon 投稿作成者

      コメントありがとうございます。
      東京ヒマワリの猪野でございます。

      頂きましたPDFにもあるように、本来ハリスツイードのラベルを貼って良い製品は、
      表面50%以上にハリスツイードを使用した製品と定義されております。
      しかし、全ての製品をハリスツイード協会が監視出来ていないのが現状の為、
      コメント頂きましたように一部のみハリスツイードを使用した製品にもラベルが張られており、
      残念ながらブランドイメージを下げてしまっているのが現状だと感じております。

      伝統を守る意味でも、今後品質管理体制などが向上する事を期待しておりますが、
      ハリスツイードの職人さん達にも、もちろん生活がありますので、
      途端に生地の出荷量が落ちてしまう事や、販売価格の高騰など、様々な問題があるのだろうなと思います。

      少なくともハリスツイードの生地に関しては、協会がしっかりと品質を管理しておりますので、
      こちらのブログ内でも書かせて頂きましたが、信頼出来るメーカーが企画した製品を選んで頂ければ、
      しっかりとハリスツイードの良さを感じて頂けるのではないかなと思います。

      どちらにせよ、せっかくの良い生地ですので、今後も皆に愛され続けて欲しいものです。
      貴重なコメントありがとうございました!

      返信
  2. movesale

    とても興味深く読みました。リストに挙げられていたのはメンズ手袋のみのようですが
    お眼鏡にかなった女性用のアクセサリーなどお薦めがありましたら是非公開していただきたいです。
    昨今、玉虫混合の状態になっているようなので見極めるためにも
    可能であれば教えていただけると助かります。

    返信
    1. iinon 投稿作成者

      コメント、誠にありがとうございます。東京ヒマワリ担当、猪野でございます。

      ハリスツイードの女性用アイテムについてですが、視野に入れていないわけでは無いのですが、今の所まだ具体的にご案内出来る状況ではございません。

      ハリスツイードに限らず、今後はもっと女性向けの製品もセレクトしようという企画はございますので、是非お楽しみに頂ければと思います。

      今後とも東京ヒマワリを何卒宜しくお願い致します。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です